さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

「産地の一番星が産地の未来を描く」一般社団法人日本工芸産地協会が発足

産地: 未分類
投稿日: 2017年3月2日
タグ:
  • LINE
main

日本各地の工芸産地の企業11社により、一般社団法人日本工芸産地協会が2017年3月1日に発足されました。同協会は「産地の一番星」たる各産地の企業同士が、衰退の一途をたどる日本の工芸や産地の現状に危機感を持ち、業種や地域の枠を超えて互いに切磋琢磨しながらそれぞれの産地の未来を切り開いていくことを目的として設立されました。

会長は株式会社中川政七商店代表取締役の中川政七。理事副会長に株式会社能作 代表取締役の能作克治氏、飛騨産業株式会社 代表取締役の岡田贊三氏。「産地の一番星が産地の未来を描く」をコンセプトに、各産地のモデルケースを共有する機会としてカンファレンスの企画運営や、工芸・産地に関するコンサルティング、講演などの事業を行っていくそうです。

第1回カンファレンスは「産地カンファレンス2017高岡」と題し、株式会社能作・本社にて2017年5月19日に開催予定。工芸産地の産業観光、地域創生、産地存続をテーマに、工芸やものづくりに携わる方々や、行政関係者とともに、事例紹介やディスカッションを含めたカンファレンスが行われます。

一般社団法人日本工芸産地協会
https://kougei-sunchi.or.jp/

タグ:
  • LINE

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る