さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ
今日もおよばれ

新潟・栃尾名物、大きな大きな油揚げ

投稿日: 2017年1月11日
産地: 新潟
タグ:
編集:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の杉浦葉子です。
今日は美味しいものの話でも。取材やものづくりで訪れる、産地のお店やメーカーさん。そこで、大概「およばれ」に預かります。お茶とお茶うけ。地元の銘菓や駄菓子、そのお家のお母さんが作ったお漬物だったりと、頂くものはいろいろですが、これがまた、とても美味しいのです。普通の旅ではなかなか見つけられない、地元の日常をさんち編集部よりお届けします。

名水の歴史、大豆の香り広がる油揚げ

新潟県の栃尾(とちお)は、織物やニット産業の盛んな土地。ここからほど近くで織物製造をされている「株式会社クロスリード」さんに伺った時のこと。代表の佐藤さんが「せっかく栃尾に来たんだから」と、移動中に車で立ち寄ってくださったのが、「栃尾の油揚げ 豆選」さん。テイクアウトがメインのようですが、お店の中に少しイートインスペースがあり、そこで待つこと数分・・・。

「で、でっかい!」厚さは3センチほどもありそうな油揚げが、人数分運ばれてきました!もちろんノルマはひとり1枚。揚げたてアツアツの油揚げに、ネギと醤油というシンプルな味付けですが、これがまた美味しい。中身がほどよく詰まっていて口いっぱいに大豆の香りが広がりふっくらジューシーで。どんと出てきたときは、(さすがにこんなに食べられないぞ…)と、心の中で思っていたものの、あっという間に完食しました。

栃尾の油揚げは、間にネギとお味噌を挟んで焼いて食べるのもメジャーなのだそう。これは日本酒必須なのでは。この辺りには油揚げのお店がたくさん点在していて、十店十色にいろんな特徴があるといいます。栃尾には「保久礼の湧き水」「杜々の森の湧き水」「薬師の湧き水」など美味しい湧き水がたくさんあります。このやわらかで清らかな水が、かつてより栃尾の油揚げをつくりあげてきたのだそうです。
地元に、そこでしか食べられない美味しい名物があるって、いいなぁ。食べ比べや油揚げツアーなんていうのも楽しそうです。お土産にも油揚げをたくさんいただいて、(もちろん新潟の日本酒も手に入れて!)ほくほく抱えて奈良に帰りました。ごちそうさまでした。

豆選
新潟県長岡市栄町2-8-26
0120-05-5006

文・写真:杉浦葉子

タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る