さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

もしもだるまが動いたら?民芸品や伝統玩具との楽しい関わり方を描いた絵本が登場

投稿日: 2019年5月25日
産地: ニュース
  • LINE
もしも だるまに であったら

「もしも だるまに であったら」山田マチ 作/福島モンタ 絵(あかね書房)

もしも だるまに であったら

【作者】山田マチ 作/福島モンタ 絵
【出版社】あかね書房
【定価】税込1,296円
【対象】小学校低学年から
【仕様】24×19cm/48ページ
【初版】2019年5月
【URL】https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251099228

だるま、こいのぼり、まねきねこ‥‥などがもしも動き出したら?

あかね書房から、民芸品や伝統玩具との関わり方を楽しく描いた絵本「もしも だるまに であったら」(山田マチ 作/福島モンタ 絵)が発売されました。

みんなが動かないと思っているもの、いないと思っているものは、見ていないだけで、本当は生きているのかもしれない。

民芸品や伝統玩具、鬼や神様まで、もしも目の前に姿をあらわして、動き出したとき、どうすればいいのか。12の生きものたちとの関わり方を、赤と青の色鉛筆で楽しく描いた作品です。

もしも だるまに であったら

【作者】山田マチ 作/福島モンタ 絵
【出版社】あかね書房
【定価】税込1,296円
【対象】小学校低学年から
【仕様】24×19cm/48ページ
【初版】2019年5月
【URL】https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251099228
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る