さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

隈研吾事務所が設計。九谷焼の全てが体感できる複合施設「CERABO KUTANI」がオープン

投稿日: 2019年5月25日
産地: ニュース
  • LINE
CERABO KUTANI

CERABO KUTANI

九⾕セラミックラボラトリー「CERABO KUTANI(セラボ・クタニ)」

【開業】2019年5月24日
【所在地】〒923-0832 ⽯川県⼩松市若杉町ア 91
【開館時間】10:00〜17:00(最終入館は16:30)
【休館⽇】⽔曜⽇・年末年始(※製土工場は稼動していない日もあります)
【⼊館料】⼀般300円/学⽣(⾼校⽣以下)150円
【URL】http://cerabo-kutani.com/

⽯川県九⾕窯元⼯業協同組合は5月24日、製⼟⼯場・ギャラリー・体験⼯房・レンタル⼯房・外⼟間を備えた複合型の九⾕焼創作⼯房「九⾕セラミック・ラボラトリー(CERABO KUTANI)」を 開業しました。

CERABO KUTANI

石文化の可能性を探求する

同施設は、九⾕焼の“美”と“技”を体感し、“⽯⽂化“の可能性を探求するラボラトリー。意匠設計およびグラフィックデザインを隈研吾建築都市設計事務所が担当しています。

CERABO KUTANI

CERABO KUTANI

CERABO KUTANI

CERABO KUTANI

磁器⼟を製造する製⼟⼯場が施設内にて稼働し、展⽰コーナーでは新進気鋭の作家たちによる作品展⽰、体験⼯房では成形体験と絵付け体験ができるなど、九⾕焼が出来上がるまでの全⼯程で施される“美”と“技”の全てを体感できる施設になっているとのこと。

CERABO KUTANI
CERABO KUTANI

30人規模で利用可能な体験工房では、ろくろ体験や手びねりでの成形体験、絵付け体験など様々な体験メニュー(一部要予約制)を用意。専門のスタッフによる指導もあり、誰でも安心して参加することが可能です。

CERABO KUTANI
CERABO KUTANI

ギャラリー

若⼿作家の育成を⽬的に作られたレンタル⼯房では、⽇々製作に励む様⼦を⾒学することもでき、作り手と来館者の繋がりを生むことも期待されています。

ジャパンクタニを⽣んだ⼩松の陶⽯

明治期に欧⽶でジャパンクタニと称賛された⾊絵陶磁器の最⾼峰「九⾕焼」。江⼾後期から⼩松市花坂地区で発⾒された陶⽯が「花坂陶⽯」として⽤いられており、陶⽯粉砕から九⾕焼陶⼟ができるまでの昔ながらの各⼯程が今も残っています。

CERABO KUTANI

全国的にも希少な陶⽯の主要産地であることに加え、粘⼟加⼯から、素地づくり、上絵付けまでの⼯程を⼀貫して同⼀地域で製作されることが、⼩松ならではの「九⾕焼」の特徴です。

九⾕セラミックラボラトリー「CERABO KUTANI(セラボ・クタニ)」

【開業】2019年5月24日
【所在地】〒923-0832 ⽯川県⼩松市若杉町ア 91
【開館時間】10:00〜17:00(最終入館は16:30)
【休館⽇】⽔曜⽇・年末年始(※製土工場は稼動していない日もあります)
【⼊館料】⼀般300円/学⽣(⾼校⽣以下)150円
【URL】http://cerabo-kutani.com/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る