さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

人気作家8名によるスリップウェアの祭典が中目黒のSMLで開催

投稿日: 2019年4月26日
産地: ニュース
  • LINE
Golden SlipWare 2019

Golden SlipWare 2019

【期間】2019年4月27日(土)~5月12日(日)
【営業時間】12:00~20:00(土日祝は11:00~)
【会場】SML(東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F)TEL:03-6809-0696
【公式サイト】http://sm-l.jp/news/%E4%BA%88%E5%91%8A-2019-4-27-%E3%80%90golden-slipware2019%E3%80%91/

東京中目黒のSMLにて、4月27日(土)~5月12日(日)まで「Golden SlipWare 2019」が開催されます。

“Golden SlipWare” は、ショップでの器や道具との出会い、また、作り手と触れ合うイベントなどを通して、民藝のある暮らしを提案してくれるSMLの定番企画。今年で9回目を迎えます。

Golden SlipWare 2019

ここでおさらい。スリップウェアって?

クリーム状の化粧土(スリップ)で装飾して焼き上げた陶器のことで、その歴史は紀元前まで遡るとされています。18世紀~19世紀のイギリスで独自の発展をとげたものの、徐々に衰退。

忘れ去られていたスリップウェアの魅力を再発見したのは、柳宗悦をはじめとした日本の民藝運動の創始者たち。息を吹き返したスリップ技法は現代の作り手たちに受け継がれ、今では続々と新しい作品が生まれています。

Golden SlipWare 2019
Golden SlipWare 2019

今年は人気の8作家が競演!イベントも目白押し

9回目の開催となる今回は、日本のスリップウェア人気を牽引する8作家が参加。さらに、島根のセレクトショップobjectsが蒐集した古いスリップウェアも販売されます。

Golden SlipWare 2019

どの作品も、同じ技法で作られているにもかかわらず、作家の個性がにじみ出るオンリーワンの器ばかり。直接、作家と触れ合う機会があるのも見逃せません。

Golden SlipWare 2019

<参加作家> ※五十音順
井上尚之/小島鉄平/齊藤十郎/十場天伸/中川紀夫
前野直史/山口和声/山田洋次/objects(古いもの)

<作家在廊日>
4/27:小島、齊藤、十場、中川、前野、山口、山田
4/30:山口
5/4:齊藤

Golden SlipWare 2019

初日には、出張コーヒー屋のditto coffeeが出店するほか、作家と一緒にフードスタイリスト・中山暢子さんの料理とお酒を楽しむオープニングパーティーも開催!

さらに、スリップウェアを使って料理とお酒を提供する出張居酒屋も登場。全国の作り手や工藝店スタッフ行きつけの名店が神戸三宮から出店します。

※イベントの詳細は公式サイトにてご確認ください。

初めてスリップウェアを見る人も、その魅力に釘付けになるはず。中目黒へ素敵な暮らしのヒントを見つけに行きましょう。

Golden SlipWare 2019

【期間】2019年4月27日(土)~5月12日(日)
【営業時間】12:00~20:00(土日祝は11:00~)
【会場】SML(東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F)TEL:03-6809-0696
【公式サイト】http://sm-l.jp/news/%E4%BA%88%E5%91%8A-2019-4-27-%E3%80%90golden-slipware2019%E3%80%91/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る