さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

野外アートの祭典「『大地の芸術祭』の里 越後妻有2019春」。過去の名作を巡るプレイバックツアーも

投稿日: 2019年4月20日
産地: ニュース
  • LINE
「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

草間彌生「花咲ける妻有」Photo by Osamu Nakamura

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

【会期】2019年4月27日(土)〜5月6日(月)
【場所】越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)
【料金】共通チケット 一般2,000円/小中学生500円
【問い合わせ】NPO法人越後妻有里山協働機構事務局 TEL: 025-761-7767
【公式サイト】http://www.echigo-tsumari.jp/

新潟県で3年に1度開催される、世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。

その開催地である越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)は「大地の芸術祭の里」と呼ばれ、屋内外に約200のアート作品が点在。芸術祭の開催にとどまらず、年間を通してさまざまな地域づくりの活動を行っています。

4月27日(土)〜5月6日(月)に開催される、『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春』もその1つ。野外アートの一斉公開や展覧会、日帰りバスツアーなど盛りだくさんのイベントです。

ゴールデンウィークにぜひ足を運びたい『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春』。見どころをご紹介していきましょう!

2019春の展覧会概要

会期中、エリア内10ヵ所でさまざまな展覧会が開催されます。各美術館の鑑賞券がセットになった共通チケットがあれば、展覧会巡りも楽々です。

<マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」>
清津峡渓谷トンネルを活用した作品。自然と人工物の美しい調和を見ることができます。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」Photo by Osamu Nakamura

<蓮沼昌宏「土地の見る夢」>
2015年開催の芸術祭で人気を博した作品が再登場。作家が妻有で出会った世界が、12編のパラパラマンガに描かれています。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

蓮沼昌宏「土地の見る夢」Photo by Osamu Nakamura

<まつだい山菜ラボラトリー>
「山菜」がテーマの展覧会。ハーバリウムの山菜図鑑や里山食堂の秘密のレシピを特別公開されるほか、収穫体験やお料理教室なども開催されます。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

詳しい展覧会情報はこちら

日帰りバスで行くプレイバックツアー

2000年から3年に1度開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。その芸術祭の歴史を振り返るプレイバックツアーは次の2種類。隔日開催となります。

<大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018>
最新の人気作品や今春企画展覧会が始まる美術館施設を巡ります。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

イ・ブル「ドクターズ・ハウス」Photo by Keizo Kioku

<大地の芸術祭プレイバックツアー Part2 2000-2006>
第1~3回展に制作された初期の名作を辿ります。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」Photo by H.Kuratani

各プレイバックツアーの詳細はこちら

地元の食材を味わう

<越後まつだい里山食堂>
まつだい「農舞台」内にあるレストランです。郷土料理や地元の家庭料理をアレンジした“里山ビュッフェ”は、山菜や旬の野菜がたっぷり。食べすぎに注意しましょう!※会期中無休

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

<Hachi Café>
絵本と木の実の美術館内にあるカフェです。小学校だったころに使われていた机や椅子をリメイクしたインテリアは、どこか懐かしい雰囲気。オリジナルスイーツがおすすめとのこと。※会期中無休

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

そのほか、期間限定のレストランなどもあります。詳しくはこちら

家族で楽しめるイベント

会期中、次の4つのイベントを開催しています。子供が楽しめるサッカー教室や自然体験イベントも!

①マオシャン・コニー×田島征三スペシャル対談
②里山の生き物探検
③FC越後妻有 サッカー教室
④YORIKO「子どもイラストレーターさん大募集!」

詳しいイベント情報はこちら

アート作品に泊まる

<マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」>
宿泊体験型のアート作品。再生した古民家、アーティストがデザインした夢を見るためのスーツ(パジャマ)、見た夢を書き残す「夢の本」‥‥。ここでしか体験できない特別な夜を過ごすことができます。※4/27(土)~5/5(土)まで宿泊可。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」Photo by ANZAï

<鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志「脱皮する家」>
築150年の古民家を改修した農家民宿です。空き家だった民家全体を、彫刻作品として再生させました。※4/27(土)~5/5(土)まで宿泊可。

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春

鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志「脱皮する家」Photo by Kazue Kawase

上記以外にも、おもしろい宿泊施設がたくさん。詳しくはこちら

そのほか、エリア内に約100の野外アートが点在しています。今年のゴールデンウィークは、暖かい春の日差しを感じながらアート鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【会期】2019年4月27日(土)〜5月6日(月)
【場所】越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)
【料金】共通チケット 一般2,000円/小中学生500円
【問い合わせ】NPO法人越後妻有里山協働機構事務局 TEL: 025-761-7767
【公式サイト】http://www.echigo-tsumari.jp/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る