さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

鎌倉・もやい工藝がやちむん一色に染まる人気の企画展「沖縄 やちむん展」が今年も開催

投稿日: 2019年4月22日
産地: ニュース
  • LINE

2019沖縄 やちむん展

【会期】2019年4月27日(土)~5月20日(月)
【営業時間】10時~17時 ※火曜定休(祝日は除く)
【会場】もやい工藝(神奈川県鎌倉市佐助2丁目1-10)
【HP】http://moyaikogei.jp/

2018沖縄やちむん展の様子

2018沖縄やちむん展の様子

日本全国から選りすぐった手仕事の品々を取り扱う鎌倉の工藝店・もやい工藝にて、「沖縄 やちむん展」が始まります。

「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼き物(「焼き=やち」「もの=むん」)のこと。明るく力強く、そして、美しい沖縄のやちむんは、日々の暮しの中で、元気を与えてくれます。

この展示、1998年から毎年続けおり、今年もスタッフが現地へ窯出しに赴き、選りすぐったやちむんの数々が、店内に所狭しと並びます。

今回出品されるやちむん色々

今回出品されるやちむん色々

=出品窯元=

・読谷山北窯 松田共司工房、宮城正享工房

沖縄でも最大規模の13連房の登り窯「北窯」は4人の親方の共同窯です。今回はそのうち、沖縄を代表する作り手である松田共司さんと宮城正享さんの器が並びます。松田共司さんは、確かなロクロ技術と、伝統に根ざした明るく軽やかな絵付けが特徴です。沖縄の古作を再現した物も並びます。宮城正享さんは、少し荒っぽさのある中に、沖縄のやきものの基本形をきちんと踏まえた骨格のある仕事が魅力です。

・横田屋窯 知花實さん

江戸、明治期の琉球古窯を理想とした、細い線で精緻に描かれる模様と、うすく引かれたロクロが個性を放ちます。

・恩納村 照屋佳信さん

年に2回ほどの窯出ししかない照屋窯ですが、そこで生まれる器は粗野でありながら沖縄の自然を感じさせてくれるような、非常に魅力的な焼き物です。沖縄有数のジーシーガァーミーのつくり手です。

照屋佳信さんのジーシーガァーミー

照屋佳信さんのジーシーガァーミー

・5軒の若い作り手の窯

もやい工藝のスタッフが何度も沖縄に足を運び、作り手と話し合いながら、各々の窯の個性に見合った器を注文しています。

爽やかな器や、エネルギーに満ち溢れる器など、やちむんの魅力いっぱいのこの展示。
鎌倉観光とあわせて、やちむんの世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

2019沖縄 やちむん展

【会期】2019年4月27日(土)~5月20日(月)
【営業時間】10時~17時 ※定休日・火曜 祝日は除く)
【会場】もやい工藝(神奈川県鎌倉市佐助2丁目1-10)
【HP】http://moyaikogei.jp/

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る