さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

とらやが選ぶ、食卓を豊かに演出する「箸置き」展が開催中

投稿日: 2019年4月11日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE
とらや市 箸置き

とらや市「箸置き」

【開催期間】~7月15日(月)
11:00~21:00(店舗営業時間と同じ)
※無休(東京ミッドタウンの休業日に準ずる)
【場所】とらや 東京ミッドタウン店 ギャラリー
東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 東京ミッドタウン ガレリア地下1階
【URL】https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=559&cid%5B%5D=15

食にまつわる実用的な道具を展示・販売している「とらや市」が、とらや 東京ミッドタウン店併設のギャラリーで開催されています。7回目となる今回のテーマは、箸置きです。

平松洋子氏のエッセイ展示も

日本における箸置きの歴史は古く、平安時代にはその原形を見ることができます。現代のような箸置きが普及したのは、昭和半ば頃のこと。以降、日々の食事に用い、食卓に彩りを添える道具として親しまれてきました。

本展では、梅花女子大学食文化学部准教授の東四柳祥子氏の解説を交え、食文化の観点から、日々の生活における箸置きの様々な機能や魅力を紹介しています。また、エッセイストの平松洋子氏による『買えない味』の中から、箸置きをテーマにしたエッセイも展示。ガラスや真鍮、陶器など様々な素材で、動植物などをモチーフにした箸置きや、関連書籍の販売も行われています。

とらや市 箸置き 展示 風景

老舗和菓子店が発信する、「和」の魅力と価値

室町時代後期に創業した老舗和菓子店とらやでは、和菓子だけでなく、和の様々な魅力や価値も広く伝えたいという思いから、東京ミッドタウン店にギャラリーを併設しました。

そのギャラリーで行われる「とらや市」では、過去に「ふきんとてぬぐい」、「弁当箱」など、箸置きと同じく生活に身近な道具がテーマに取り上げられてきました。その背景には、「日本の生活の中の伝統的な道具の実用性や美しさを、改めて見つめ直すきっかけをお届けしたい」という思いがあるのだそうです。

とらや市 会場風景

暮らしの実用的な道具、箸置きの魅力を再発見しに、是非足を運んでみてください。

とらや市「箸置き」

【開催期間】~7月15日(月)
11:00~21:00(店舗営業時間と同じ)
※無休(東京ミッドタウンの休業日に準ずる)
【場所】とらや 東京ミッドタウン店 ギャラリー
東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 東京ミッドタウン ガレリア地下1階
【URL】https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=559&cid%5B%5D=15
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る