さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「持ち運べる文具箱」販売開始。銀座蔦屋書店と老舗メーカーが考えた3種類が新発売

投稿日: 2019年3月22日
産地: ニュース
  • LINE
開いた時に一面に広がる筆記具が壮観なBOOK型

銀座 蔦屋書店

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
電話番号:03-3575-7755(代表)
営業時間:10:00~22:30(不定休)
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/

銀座 蔦屋書店にて、株式会社常吉と同店がコラボレーションした「持ち運べる文具箱」が発売されました。

銀座 蔦屋書店

銀座 蔦屋書店と老舗メーカーによる「持ち運べる文具箱」登場

明治から創業している歴史のある「常吉ブランド」と高級筆記用具を扱う銀座 蔦屋書店文具コーナーの“万年筆を収納するための他にない文具箱をつくりたい”という思いが合わさり、今までにない「持ち運べる文具箱」が3種類、登場しました。

文具箱は、持ち運ぶ楽しさを考えた3種類

文具箱は、大切な万年筆や筆記具コレクションを「持ち運ぶ」楽しさを考えた3種類。

筆記具を収納するトレイごと持ち運ぶことのできる引き出し型スタイル

筆記具を収納するトレイごと持ち運ぶことのできる引き出し型スタイル

理科室の試験管のようにペンを収納した姿が心地よい試験管型スタイル

理科室の試験管のようにペンを収納した姿が心地よい試験管型スタイル

開いた時に一面に広がる筆記具が壮観なBOOK型

開いた時に一面に広がる筆記具が壮観なBOOK型

本体には杉材を使用。ベルトやハンドル部分は職人が仕立てた栃木レザーを使用しています。万年筆を収めるスペースにはペンに傷がつかないよう柔らかな素材で内張りされていたりと工夫が詰まっています。お気に入りを集めた先に、また新しい楽しみが増えそうですね。

銀座 蔦屋書店

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
電話番号:03-3575-7755(代表)
営業時間:10:00~22:30(不定休)
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る