さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

国宝を見ながらお花見できる隠れスポット。トーハクで春の恒例企画

投稿日: 2019年2月27日
産地: ニュース
  • LINE
博物館でお花見を

「博物館でお花見を」

【期間】2019年3月12日(火)~4月7日(日)
【開館時間】9:30~17:00(※金・土曜日は21:00まで。※入館は閉館の30分前まで)
【休館日】3月18日(月)、4月1日(月)
【観覧料】一般620円(520円)/大学生410円(310円)
※()内は20名以上の団体料金
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものを提示
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などを提示。
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館の場合(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で観覧可能。
※特別展は別料金。
【HP】博物館イベントページ

東京国立博物館は、2019年3月12日から4月7日までの期間、桜にちなんだ名品を展示し、さまざまなイベントを開催する春の恒例企画「博物館でお花見を」を実施します。

本館桜めぐり

本館では、国宝「花下遊楽図屏風」など桜を描いた絵画や、桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など、桜に関連したさまざまな作品を展示。

主な作品は以下の通りです。

「国宝 花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびょうぶ)」/狩野長信筆 江戸時代・17世紀 六曲一双

国宝「花下遊楽図屏風」

国宝「花下遊楽図屏風」

場所:本館2室
展示期間:3月12日~4月7日

花見を楽しむ様子を描いた国宝の名品。左隻には、着飾った男女が踊る様子を、右隻には、高貴な女性たちが桜の木の下で音曲を楽しむ姿が描かれています。

右隻中央の二扇に描かれていた宴の主人の姿は、関東大震災で失われてしまいました。

「舞楽図屏風(ぶがくずびょうぶ)」(右隻)/狩野永岳筆 江戸時代・19世紀

「舞楽図屏風(ぶがくずびょうぶ)」

「舞楽図屏風(ぶがくずびょうぶ)」

場所:本館7室
期間:3月12日~4月21日

満開の桜の下、厳かに舞楽が奉納されている様子を、京都御所の障壁画制作も行った狩野永岳が描いたもの。

「色絵桜樹図皿(いろえおうじゅずさら)」/鍋島 江戸時代・18世紀

「色絵桜樹図皿(いろえおうじゅずさら)」

「色絵桜樹図皿(いろえおうじゅずさら)」

場所:本館8室
期間:1月29日~4月21日

佐賀の鍋島藩が、将軍家への献上や大名・公家などへの贈答用に焼いた、いわゆる色鍋島の優品です。

「打掛(うちかけ)鶸色縮緬地桜風景模様(ひわいろちりめんじさくらふうけいもよう)」/江戸時代・18世紀

「打掛(うちかけ)鶸色縮緬地桜風景模様(ひわいろちりめんじさくらふうけいもよう)」

「打掛(うちかけ)鶸色縮緬地桜風景模様(ひわいろちりめんじさくらふうけいもよう)」

場所:本館10室
期間:2月26日~4月21日

武家女性の打掛は日常着でも華やか。桜の花が満開に咲く遠景模様が理想とされました。

「月に桜花図鐔(つきにおうかずつば)」/加納夏雄作 江戸~明治時代・19世紀(クインシー・A.ショー氏寄贈)

「月に桜花図鐔(つきにおうかずつば)」

「月に桜花図鐔(つきにおうかずつば)」

場所:本館13室
期間:2月26日~5月12日

鉄地の黒を闇夜に見立て、月の光で浮かび上がる夜桜を表しています。

春の庭園開放

庭園

庭園

同館の庭園が桜の時季にあわせて開放されます。池のほとりにベンチを設置、臨時で桜カフェも出店。展示室で桜の作品を見たあとは、庭園でゆったりとお花見を楽しむことが可能です。

開放期間は3月12日~5月19日。時間は10:00~16:00(ライトアップ実施日は19:30まで)。

3月22日、23日、29日、30日は桜ライトアップも実施予定となっています。(19:30まで、※悪天候により中止の場合あり)

そのほか、桜にちなんだイベントを多数実施予定。

展示室では名品に咲く桜、庭園では約10種類の桜が花を咲かせています。トーハクだけのお花見にぜひ出かけてみてください。

「博物館でお花見を」

【期間】2019年3月12日(火)~4月7日(日)
【開館時間】9:30~17:00(※金・土曜日は21:00まで。※入館は閉館の30分前まで)
【休館日】3月18日(月)、4月1日(月)
【観覧料】一般620円(520円)/大学生410円(310円)
※()内は20名以上の団体料金
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものを提示
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などを提示。
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館の場合(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で観覧可能。
※特別展は別料金。
【HP】博物館イベントページ

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る