さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

昔のひな飾りは自由だった。全国屈指のひな人形コレクション公開中

投稿日: 2019年2月28日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE
兵庫県但馬地方の土雛

兵庫県但馬地方の土雛

春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」

【会期】開催中~4月14日(日)
【場所】日本玩具博物館6号館展示室
〒679-2143 兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3
【休館日】毎週水曜日(ただし、祝日は開館)
【展示解説会】3月3日(日)/10日(日)/17日(日)/24日(日)。各回14:30〜
【公式サイト】http://www.japan-toy-museum.org/

世界屈指の玩具博物館として知られる「日本玩具博物館」。その開館45周年を記念した雛人形展が開催中です。

同館がこれまで収集してきた500組を超えるコレクションの中から、選び抜かれた160組の雛人形が一堂に展示されています。

江戸時代終わりの町家の雛飾りの様子(「源氏十二ヶ月之内弥生」三代歌川豊国画・安政年間頃)

江戸時代終わりの町家の雛飾りの様子(「源氏十二ヶ月之内弥生」三代歌川豊国画・安政年間頃)

庶民層にも雛まつりが広まったのは江戸時代。以来、昭和時代に至るまで、雛人形や雛飾りには、江戸(東京)、京都、大阪などの大都市部、地方の城下町、農村や山間部と、地域による違いがありました。

檜皮葺き御殿飾り(大正時代)

檜皮葺き御殿飾り(大正時代)

屏風飾り(享保雛・江戸時代後期)

屏風飾り(享保雛・江戸時代後期)

三春の張子雛(福島県郡山市 昭和中期)

三春の張子雛(福島県郡山市 昭和中期)

同展では、こうした地方の雛飾りにも焦点を当て、祖先が愛してきた雛人形の多様性を紹介しています。

姫路押絵の段飾り雛

姫路押絵の段飾り雛

伏見の土雛(京都府京都市 昭和中期)

伏見の土雛(京都府京都市 昭和中期)

春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」

【会期】開催中~4月14日(日)
【場所】日本玩具博物館6号館展示室
〒679-2143 兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3
【休館日】毎週水曜日(ただし、祝日は開館)
【展示解説会】3月3日(日)/10日(日)/17日(日)/24日(日)。各回14:30〜
【公式サイト】http://www.japan-toy-museum.org/
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る