さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

立入禁止の工場に潜入できる1週間。京都で開催中のオープンファクトリーが見逃せない

投稿日: 2019年2月20日
産地: ニュース
  • LINE
DESIGN WEEK KYOTO 2019

DESIGN WEEK KYOTO 2019 -OPEN YOUR SI‘GH’TE-

【開催期間】2019年2月17日(日)~2月24日(日)
【会場】京都市内の工房・工場など モノづくりの現場28社+サテライトイベント9ヶ所
【インフォメーションセンター】ジェイアール京都伊勢丹1F正面玄関内・2F中央エスカレーター前
【公式HP】http://www.designweek-kyoto.com/jp/

近年、国内外で注目を集めているオープンファクトリー。

普段は公開されることのないモノづくりの現場を一般公開し、作り手との交流や、実際にモノづくりができるワークショップなどを体験できるイベントです。

そのオープンファクトリーイベントが、日本のモノづくりの宝庫とも言える京都で、2月24日(日)まで開催中です。

DESIGN WEEK KYOTO 2019

会場は、モノづくり活動の現場一つひとつ

京都には多数の工房や工場・アトリエなどが存在し、多様なモノが日々生み出されています。工場の中には企業秘密が詰まっているため「できれば見せたくない」というのがこれまでの常識。その現場が一般にオープンになる機会はほとんどありません。

しかし、一消費者の立場からすると、普段見ることや立ち入ることのできない工場の中は、わくわくする場所。

それらの場所を期間限定でオープンし、モノづくりの担い手とそこを訪れる多様な人々との交流を生むきっかけをつくるのがDESIGN WEEK KYOTOです。

作り手と参加者が互いの視野を広げることで、新たなイノベーションを創出し、京都をより創造的な街にしていく。そんな想いを持つ有志が集まり、2016年2月に第1回を開催。今回で第4回目を迎えます。

多様な28の現場に加え、サテライトイベントも

今回参加するのは、京都市内を中心としたモノづくりの工房や工場28社。寺社建築や織物、仏像彫刻など京都ならではの現場に出会えます。

また、交流を目的としたイベントも多数開催。

ラフに着られる着物「SANGOU」試着体験や、イタリアと日本両国から研究者・職人・起業家が集い、工芸やデザインの現在と未来について語るトークセッションなど、交流を通じて新たなアイデアにつなげることを目指しています。
※予約が必要な場合があるため、公式HPでご確認ください。

DESIGN WEEK KYOTO 2019
DESIGN WEEK KYOTO 2019

【オープンファクトリー 参加社(順不同)28社】

匠弘堂(寺社建築)、川島織物セルコン(織物)、桝屋高尾(織物)、いとへんuniverse(絣織物)、山元染工場(染色)、亀田富染工場(染色)、西田惣染工場(染色)、藤田染苑(染色)、富宏染工(手描友禅)、佐藤喜代松商店(漆)、竹影堂(金属工芸)、清課堂 西ノ京工房(錫・銀工芸)、三浦仏像彫刻所(仏像彫刻)、修美社(印刷)、便利堂(印刷)、西村商店(引箔)、TAKENOKO(横山竹材店)(竹材)、竹工房 喜節(竹編)、安田念珠店(念珠)、中野伊助(珠数)、松栄堂(香)、蘇嶐窯(陶磁器)、陶あん(陶磁器)、洸春陶苑(陶磁器)、吉靴房(靴)、北川商店(ふとん)、キャステム京都LiQビル(デジタルファブリケーション)、コード(和紙製品)

【DWK CROSS(サテライトイベント)9ヶ所】

Social Fabrics、Life Sharing(西陣サロン)、ライフサイクル-Studio B Severin デザイン展、ラフに着られる着物「SANGOU」試着体験、京都精華大学ビジュアルデザイン学科3年 成果発表展、Launch of Garland#13 生きているコウゲイ、トークセッション「工芸な人々」、Material Meetup KYOTO vol.2、byCOLORS/京の街に色をつけてみたら

2月22日(金)には、国際的に活躍されている香港のデザイナー3名をお迎えし、トークセッションおよび交流会が開催されます。同じアジアの都市から、世界で活動のフィールドを広げるにあたっての取り組み方や考え方、そして京都のモノづくりに対しての期待などを中心にお話しいただきます。

DESIGN WEEK KYOTO 2019

向かって左から、世界初のポケットアートアクセサリーNovel Fineriesのファウンダー&デザイナーのJune Kimberly Lau氏。HKDI建築・インテリア・プロダクトデザイン学部 上級講師のSherman SIU氏。インテリア・建築デザインスタジオStudio ARRT ファウンダー&デザイナーのSeiki Mori氏。

【Creative Session vol.6 2月22日(金)18:30-21:00(18:00開場)】

「世界をフィールドとする香港のデザイナーが感じる日本のモノづくりの可能性」
【会場】The World Lounge CO&CO Kyoto
   京都市中京区手洗水町670 京都フクトクビル2F
【参加費】2,000円

そして2月24日(日)の最終日にはMTRL KYOTOにて開催されるクロージングパーティーで締めくくり。京都のモノづくりに触れ、深部まで味わえるDESIGN WEEK KYOTO 2019、お近くの方も、旅を考えている方も、この機会に京都へ訪れてみてはいかがでしょうか。

DESIGN WEEK KYOTO 2019 -OPEN YOUR SI‘GH’TE-

【開催期間】2019年2月17日(日)~2月24日(日)
【会場】京都市内の工房・工場など モノづくりの現場28社+サテライトイベント9ヶ所
【インフォメーションセンター】ジェイアール京都伊勢丹1F正面玄関内・2F中央エスカレーター前
【公式HP】http://www.designweek-kyoto.com/jp/

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る