さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

【バイヤー必見】食卓の道具が大集結。注目メーカーの新商品や料理家たかはしよしこさんによるイベントも

投稿日: 2018年12月28日
産地: ニュース
  • LINE
暮らしの彩展

第94回 2019春・夏 暮らしの彩展

【開催日】2019年1月16日(水)9:00~18:00
     2019年1月17日(木)9:00~17:00
【会 場】ウインクあいち8階展示場(愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
※バイヤー限定の展示会となります。一般の方は入場できません。

日本全国の産地から「これぞ!」という器やカトラリーが集まる「暮らしの彩展」が、2019年1月16日(水)~17日(木)に愛知県名古屋市にて開催されます。

「暮らしの彩展」は、日本最大級のテーブルウェアの見本市「名古屋テーブルトップショー」の一環として開催される、40年以上の長い歴史を持つ展示会です。

全国の産地から厳選した企業が出展

94回目を迎え、大幅にリニューアルして開催される今回は「暮らし、むすぶ、うつわ。」がテーマ。全国から厳選された10企業が出展し、工夫を凝らした展示で商品の魅力を伝えてくれます。

炊飯土鍋「かまどさん」などで知られる伊賀焼の老舗窯元・長谷製陶(長谷園)。伝統を受け継ぎながらも時代に合った新しい波佐見焼を提案する西海陶器。金属洋食器(カトラリー)の国内シェア90%以上を誇る新潟県燕市から燕振興工業。九谷焼と江戸硝子を融合させた「九谷和グラス」で有名な清峰堂など、いずれも見応えのある品ぞろえとなるでしょう。

【出展企業】
<陶器>
 西海陶器(波佐見)・一久(土岐)・イツミ陶器(土岐)・伊野正峰(九谷)
 長谷製陶(伊賀)・カネ三商店(瀬戸)・山秀(多治見)・清峰堂(九谷)
<漆器>
 まえじゅう漆器(山中)
<カトラリー>
 燕振興工業(燕)

器とたべもの、食卓と家族、そして産地と人-。“むすぶ”をテーマに集められた魅力あるテーブルウェアの数々は、きっと新しい食卓のトレンドを生み出すに違いありません。さて、2019年の食卓にはどんな彩りが添えられるでしょうか。

第94回 2019春・夏 暮らしの彩展

【開催日】2019年1月16日(水)9:00~18:00
     2019年1月17日(木)9:00~17:00
【会 場】ウインクあいち8階展示場(愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
※バイヤー限定の展示会となります。一般の方は入場できません。
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る