さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

息をのむほど壮麗な「お雛さま」が集結!都内最大級の雛人形展が雅叙園で開催中

投稿日: 2018年12月26日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE

百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行

【開催期間】2019年1月18日(金)~3月10日(日) ※会期中無休
【開催時間】10:00~17:00(最終入館16:30)
【会場】  ホテル雅叙園東京
【入場料】 当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円1/17迄)
      学生 800円 ※要学生証呈示、小学生以下無料
※セブンチケット(セブンコード069865)限定で中川政七商店の東北限定商品「東北ふきん」付チケット 1,500円を販売(なくなり次第終了)
※1月18日~20日、各日先着100名様に百段階段オリジナルポストカード2枚組をプレゼント
【公式HP】 https://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/hinamatsuri2019

2019年1月18日(金)~3月10日(日)、ホテル雅叙園東京にて「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」が開催されます。

毎年テーマとなる地域を変えて、日本各地の歴史ある雛人形をご紹介する「百段雛まつり」。

記念すべき第10回目となる2019年は、青森・秋田・山形の3県から、旧家に伝わる優麗な古今雛、高さ2メートルを越える圧巻の段飾り、手のひらにおさまる極小の雛道具などが集められました。

大名家や旧家に伝わる調度品から郷土玩具の素朴なお雛さままで、各地の雛文化が集い、雅叙園の百段階段に展示された景色は、まさに百花繚乱の世界となるでしょう。

特に見所となるのはこちらの4作品です。

展示全長16m!旧弘前藩主・津軽家の雛道具[青森・弘前]

旧弘前藩主 津軽家の雛道具[青森・弘前]

全てを並べると、全長16メートルにもなるこの立派な雛道具は、弘前藩(現青森県)最後の藩主・津軽承昭(つがるつぐあきら)伯爵が、明治後期に誂えたものと伝えられています。大名家の姫君の華やかな生活を彷彿とさせる婚礼調度の数々はまさに圧巻の世界です。

東京初公開!本荘藩主六郷家の極小雛道具 約50種総数450個[秋田・由利本荘]

本荘藩主六郷家の雛人形と極小雛道具/永泉寺[秋田・由利本荘]

このかわいらしい極小の雛道具は、本荘藩(秋田県・由利本荘市)の第11代藩主・六郷政鑑(ろくごうまさあきら)が、娘の婚礼祝いに贈った古今雛と雛道具です。その数々は、なんと約50種類・総数450個にも及びます。

黒漆に牡丹唐草の金蒔絵が施された精巧な作品は、江戸の贅のひとつとしても数えられた「七澤屋物」。七澤屋物は「その値は実に世帯を持つより貴し」という記録が残るほどの名品で、江戸時代、裕福な商人が競ってこれを求めたと言われています。

日本三大つるし飾り「傘福」と江戸時代のお雛さま[山形・酒田]

日本三大つるし飾り 傘福[山形・酒田](イメージ)

酒田は江戸時代に北前船交易で栄え、「西の堺、東の酒田」とよばれるほどの一大拠点として繁栄した町。雛人形も、北前船によってこの町に運ばれ、そこからさらに最上川舟運によって県内各地へと運ばれ、各家で大切に保管されてきました。

この町で雛人形とともに飾られる「傘福」は、福岡県柳川市の「さげもん」、静岡県稲取市の「雛のつるり飾り」と並ぶ、「日本三大つるし飾り」の一つです。子どもの健やかな成長と夫婦円満、無病息災などを祈願して作られた飾りものであり、伝承民俗文化財でもあります。(傘福を展示する「漁樵の間」に限り、展示会場内での撮影も可能です。

まるで雛御殿!圧巻・高さ2mの段飾り[青森・八戸]

高さ2メートルの段飾り/遠藤家所蔵(イメージ)[青森・八戸]

こちらのお雛さまは、八戸在住の遠藤氏による個人コレクション。高さ2メートルの段飾りや、有職雛や古今雛をはじめとする優麗なお雛さまと雛道具、童子顔の七福神や三歌人など、雅やかな人形たちが、百段階段を色鮮やかに飾ります。雛御殿の中にいるかのような、絢爛豪華な空間を楽しめることでしょう。

さらに、会期中は特別コラボレーション企画として、中川政七商店の手がけるモダンなお雛さまと郷土玩具も会場にてご紹介。ミュージアムショップでは関連グッズの販売もあります。

時代を超えて町々に春の訪れを告げる雅やかな雛飾りの数々。通常は現地でしか出会うことのできない珠玉のお雛さまを、ぜひこの機会にご覧ください。

百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行

【開催期間】2019年1月18日(金)~3月10日(日) ※会期中無休
【開催時間】10:00~17:00(最終入館16:30)
【会場】  ホテル雅叙園東京
【入場料】 当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円1/17迄)
      学生 800円 ※要学生証呈示、小学生以下無料
※セブンチケット(セブンコード069865)限定で中川政七商店の東北限定商品「東北ふきん」付チケット 1,500円を販売(なくなり次第終了)
※1月18日~20日、各日先着100名様に百段階段オリジナルポストカード2枚組をプレゼント
【公式HP】 https://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/hinamatsuri2019
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る