さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

イノシシとサンタの競演!年末年始の気分を盛り上げるおもちゃの企画展が開催中

投稿日: 2018年12月19日
産地: ニュース
  • LINE

春日部張子・達磨のり猪車

特別展「世界のクリスマス Christmas Around the World」
企画展「猪のおもちゃ」

特別展「世界のクリスマス Christmas Around the World」
【日程】2018年10月20日(土)~2019年1月20日(日)
【会場】日本玩具博物館 6号館

企画展「猪のおもちゃ」
【日程】2018年11月10日(土)〜2019年2月19日(火)
【会場】日本玩具博物館 1号館

特別展と企画展共通
【開館時間】10:00~17:00
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)
【入場料】一般 600円/高校・大学生 400円/子ども(4歳以上) 200円
【公式サイト】http://www.japan-toy-museum.org

世界文化遺産・姫路城から約10km。緑ゆたかな田園地帯にある白壁土蔵の建物。それが「日本玩具博物館」です。1974年に現館長が設立した私立博物館ですが、国内外から集めた9万点を超える資料を所蔵し、世界屈指の玩具博物館として知られています。

現在、この日本玩具博物館では、クリスマスや新年にまつわる、かわいい玩具の展覧会を開催中です。

玩具から見るあたたかな祭礼「世界のクリスマス Christmas Around the World」

ドイツのクリスマス飾り

「世界のクリスマス」展では、世界約60の国や地域のクリスマスオーナメントを「ヨーロッパ~北欧・中欧・東欧・南欧」「アメリカ~北米・中南米」「アフリカ」「アジア」の地域ごとに展示し、各地のクリスマス飾りの特徴を紹介しています。

 

古代ヨーロッパでは、太陽が隠れ、地上の生命力が衰えた冬枯れの季節に、暖かく明るい光の復活を願い、新しい年の豊作を祈る祭を行っていました。クリスマスはそうした土着の信仰も取り込みながら、近年のような大きな行事へ発展していったと言われています。

クリスマスを彩る美しいキャンドルの灯や、麦わらや木の実などの豊穣を意味するオーナメントからも、そうした背景を感じることができるでしょう。また、サンタクロースやプレゼントを持った配達人の人形飾りも、豊作や幸せをもたらすひとつの象徴といえます。普段さりげなく見ているこうした玩具にも、クリスマスという冬の祭礼の喜びや意味深さが詰まっているのです。

会場では、各地のオーナメントで彩られた“ツリーの森”のような展示をぜひお楽しみください。

2019年の干支にふれる「猪のおもちゃ」展

春日部張子・達磨のり猪車

「猪のおもちゃ」展では、2019年の干支「亥(=猪)」にまつわる日本の郷土玩具80点と、昭和10年の年賀状 約50枚が特別展示されます。

十二支は、時刻や方角あるいは年月を動物で表わす考え方として古代中国から伝わったものですが,長い年月を経て日本でも民間信仰として親しまれるようになってきました。

たとえば、生まれ年にあたる動物の性質がその人の性格や運勢に関係すると考える信仰や、自分の生まれ年にちなんだ動物をお守りにする習俗などがあります。日本の郷土玩具はこれらを母体として生まれた庶民的な文化財です。

 

中湯川土人形・天神乗り亥

郷土玩具の「亥(=猪)」の造形を見てみると,むき出しの牙と鋭い目を持ち、四肢を大きく広げ、まさに猪突猛進する姿が多く描かれています。

野生味や獰猛さがあまり好まれなかったのか、ほかの干支の動物と比べると造形物が少なめですが、ひとつひとつの玩具をよくよく観察してみると、ユニークさや勇猛さを備えた猪の愛らしい表情がうかびあがってきます。

1年のうちもっとも干支を意識するこの季節。ぜひこの機会に、さまざまな表情の猪と顔を合わせてみてください。

特別展「世界のクリスマス Christmas Around the World」
企画展「猪のおもちゃ」

特別展「世界のクリスマス Christmas Around the World」
【日程】2018年10月20日(土)~2019年1月20日(日)
【会場】日本玩具博物館 6号館

企画展「猪のおもちゃ」
【日程】2018年11月10日(土)〜2019年2月19日(火)
【会場】日本玩具博物館 1号館

特別展と企画展共通
【開館時間】10:00~17:00
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)
【入場料】一般 600円/高校・大学生 400円/子ども(4歳以上) 200円
【公式サイト】http://www.japan-toy-museum.org
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る