さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

江戸の女性を虜にした名品が冬の京都に集結。稀代のコレクターが集めた櫛・かんざしを一挙公開

投稿日: 2018年12月16日
産地: ニュース
  • LINE
《桜花文様象牙櫛・簪・笄》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

《桜花文様象牙櫛・簪・笄》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵
櫛・かんざしとおしゃれ展 〜粋に華やかに、麗しく〜

【会 期】2018年12月15日(土)~2019年2月24日(日)
【時 間】10:00~17:00 (※最終入館は午後16時30分まで)
【休館日】月曜日(12/17、1/14、2/11は開館)
【会 場】アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3)
【入場料】一般:900円、高・大学生:500円、中学生以下:無料、障害者手帳をお持ちの方:300円
【公式HP】https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38591/

12月15日から、アサヒビール大山崎山荘美術館にて「櫛・かんざしとおしゃれ展 〜粋に華やかに、麗しく〜」が開催されます。

江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されていました。そのなかで髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫をこらした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾り、おしゃれを楽しんでいたそうです。

一鶯斎国周 《当勢三十二想 酔が覚相》1869年 ポーラ文化研究所蔵

一鶯斎国周 《当勢三十二想 酔が覚相》1869年 ポーラ文化研究所蔵

今回の展示会では、東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館に所蔵された作品を中心に紹介。澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、後に東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予(1924-1999)が収集した作品が所蔵されています。

文化が成熟し工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、なかには尾形光琳(1658-1716)、酒井抱一(1761-1829)、原羊遊斎(1769-1845)ら高名な美術家による逸品も。

法橋光琳(印) 《鷺文様蒔絵櫛》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

法橋光琳(印) 《鷺文様蒔絵櫛》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

羊遊斎 《渦巻文様蒔絵櫛》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

羊遊斎 《渦巻文様蒔絵櫛》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

大山崎山荘美術館では、これら日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を展示します。

《扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

《扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪》江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

1月19日には、ポーラ文化研究所シニア研究員 村田孝子さんによる関連講演会「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」が、会期中の第2、第4土曜日には学芸員によるギャラリートークがおこなわれます。

関連講演会「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」

【日程】2019年1月19日(土)
【講師】村田孝子さん(ポーラ文化研究所シニア研究員)
【会場】アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
【参加費】無料、ただし美術館入館料は別途必要
【定員】50名、要申込(先着順)
【参加受付】返信可能なFAXまたは往復はがきに下記を記載の上、同美術館「イベント係」まで
(1)参加者全員分の氏名
以下、代表者のみ
(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号
【FAX】075-957-3126
※申込は1回につき2名まで
※対象は中学生以上
※往復はがきの場合は、1月12日(土)必着
※定員に達し次第、美術館Webサイトで告知

ギャラリートーク

【日程】展覧会中の第2、第4土曜日 14:00〜14:30
【会場】アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
【内容】学芸員が展覧会の見どころを解説
【参加費】無料、ただし美術館入館料は別途必要
※事前申込不要

その他、12月22日〜24日のクリスマスウィークには、京都市立芸術大学音楽学部の学生によるスペシャルコンサートを実施。館内喫茶室では、展示会開催中の限定メニューとして櫛をモチーフにしたスイーツの提供も。

江戸の女性がいかに工夫しておしゃれを楽しんでいたのか。冬の京都で、華やかで麗しい「櫛・かんざし」の美を味わえる企画展となっています。

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵
櫛・かんざしとおしゃれ展 〜粋に華やかに、麗しく〜

【会 期】2018年12月15日(土)~2019年1月24日(日)
【時 間】10:00~17:00 (※最終入館は午後16時30分まで)
【休館日】月曜日(12/17、1/14、2/11は開館)
【会 場】アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3)
【入場料】一般:900円、高・大学生:500円、中学生以下:無料、障害者手帳をお持ちの方:300円
【公式HP】https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38591/

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る