さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

温泉土産の新定番「木綿湯布(もめんどうふ)」“いい風呂の日”に発売開始!

投稿日: 2018年11月26日
産地: ニュース
  • LINE
木綿湯布

木綿湯布

豆腐パッケージに入ったご当地手ぬぐい「木綿湯布(もめんどうふ)」誕生

【価格】1,000円(税抜)
【種類】 ・三重県×伊勢木綿
・静岡県×遠洲木綿
・埼玉県×川越手捺染
・愛媛県×今治産タオル
【問合せ】kouhou@yu-nakagawa.co.jp

奈良の老舗 中川政七商店が、豆腐のパッケージに入ったご当地手ぬぐい「木綿湯布(もめんどうふ)」を、“いい風呂の日” である11月26日(月)から日本各地の温泉地にて限定発売します。

お馴染みの豆腐の容器に入っているのは木綿豆腐ではなく、木綿生地でできた手ぬぐい。

木綿湯布

木綿湯布

全国の温泉にそれぞれ地域色があるように、手ぬぐいに使われる木綿生地にも産地によりさまざまな特色があります。江戸時代には、入浴時に使う手ぬぐいを「湯手(ゆて)」と呼び、身体を拭く道具として愛用していたそう。

「木綿湯布」は、かつての「湯手」をご当地の木綿や染工場の製法を生かして商品化し、その温泉地で限定販売する新しい温泉土産。

第一弾は埼玉県、静岡県、三重県、愛媛県の4県からスタート。それぞれ税抜1000円で発売。手ぬぐいには各温泉地の名物が描かれています。

木綿湯布の分布マップ

木綿湯布の分布マップ

豆腐のパッケージをイメージした容器は、旅先で濡れた手ぬぐいを入れてお持ち帰りできるよう、再利用できる作りとなっています。

三重県×伊勢木綿

三重県オリジナルの木綿湯布

三重県オリジナル。伊勢木綿の木綿湯布

開湯1300年を迎える湯の山温泉をもつ三重県で、江戸時代から250年以上続く伝統の「伊勢木綿」。

洗ううちに柔らかくなる特徴をもつこの生地は、現在では「臼井織布」の一軒でしか作ることができないとか。

温泉地の名物土産や伊勢海老、カモシカが描かれており、全6柄。

「湯の山温泉」「おふろ cafe 湯守座」「夢古道おわせ」にて販売されます。

※販売場所により取扱い柄が異なります。

静岡県×遠洲木綿

静岡は遠州木綿

静岡は遠州木綿を使用

箱根や伊豆、熱海など人気の温泉地が集まる静岡県。日本三大綿織物産地の一つ、遠州地方で江戸時代から作られているのが「遠州木綿」。

昔ながらの織機と熟練した職人の手によって生み出される木綿は、なめらかで肌に優しい手触り。富士山や茶葉など静岡名物が描かれた全2柄が登場します。販売は、「おふろ cafe bijinyu 美肌湯」にて。

埼玉県×川越手捺染

埼玉県、川越手捺染の木綿湯布

埼玉県、川越手捺染の木綿湯布

首都圏からの日帰り温泉が楽しめる埼玉県で作られるのは、川越市で創業70年の老舗染物屋「井上染工場」による「手捺染」と呼ばれる技法で仕上げた手ぬぐい。

職人の手で一枚一枚丁寧に染め上げた、美しい発色が特徴。生産量日本一の鯉のぼりや雛人形など埼玉らしい柄が描かれています。

全3柄。販売場所は「玉川温泉」「おふろ cafe 白寿の湯」「おふろ cafe utatane」。

※販売場所により取扱い柄が異なります。

愛媛県×今治産タオル

愛媛は今治タオルを用いた木綿湯布

愛媛は今治タオルを用いた木綿湯布

「日本書紀」にも登場し、日本最古といわれる道後温泉をもつ愛媛県で作られるのは、国内最大規模のタオル産地今治で生まれたタオル地の手ぬぐい。

通常の手ぬぐいよりも吸水性に優れ、タオルよりも軽くて薄いため乾きやすいのが特徴。生地には愛媛名物のみかんや鯛のモチーフが描かれています。

全2柄。「伊織 道後湯之町店」「IORI COLOR」にて販売。

温泉地とのコラボレーションを募集中

木綿湯布専用什器イメージ

中川政七商店では、「木綿湯布」で日本各地の温泉地を盛り上げるべく、商品化や販売に協力してもらえる温泉施設・土産店さんを募集中。

地域のお祭りやイベント時には、お豆腐屋をイメージした専用の国産ヒノキ製リヤカーを用意。大量の木綿湯布を積み込んだ屋台が会場を盛り上げます。

木綿湯布

【価格】1,000円(税抜)
【種類】 ・三重県×伊勢木綿
・静岡県×遠洲木綿
・埼玉県×川越手捺染
・愛媛県×今治産タオル
【問合せ】kouhou@yu-nakagawa.co.jp
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る