さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「人間国宝のなつめ、すべてみせます」 東京国立近代美術館で工芸の名品を一挙に公開!

投稿日: 2018年12月1日
産地: ニュース
  • LINE
「所蔵作品展近代工芸の名品– [特集展示] 棗にまつわるエトセトラ」メインビジュアル

「所蔵作品展近代工芸の名品– [特集展示] 棗にまつわるエトセトラ」メインビジュアル

所蔵作品展 近代工芸の名品―[特集展示]棗にまつわるエトセトラ

【日程】2018年12月21日(金)~2019年2月11日(月・祝)
    ※休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館、翌日振替休館)、年末年始
【会場】東京国立近代美術館工芸館
【主催】東京国立近代美術館
【公式サイト】http://www.momat.go.jp/cg/

東京国立近代美術館工芸館にて2018年12月21日(金)~2019年2月11日(月・祝)の期間、「棗にまつわるエトセトラ」展が開催されます。

侘び茶とともに発展した棗

松田権六 《鴛鴦蒔絵棗》 1945年 東京国立近代美術館蔵

松田権六 《鴛鴦蒔絵棗》 1945年 東京国立近代美術館蔵

「棗(なつめ)」は茶道具のひとつで、抹茶を入れる漆塗りの木製容器です。そのかたちがクロウメモドキ科の落葉高木・ナツメの実に似ていることが名前の由来となっています。もともとはナツメの実のかたちをした茶器を意味していましたが、侘び茶の発展とともに塗り物の茶器全般を指す言葉として定着していきました。

バリエーションは無数!近代の棗約100点を展示

本展では、重要無形文化財保持者(人間国宝)から近現代の工芸作家まで約100点の棗を展示。かたちや構造、製法、装飾など、さまざまな角度からアプローチします。

黒田辰秋 《白檀塗四稜茶器》 1975年頃 東京国立近代美術館蔵

黒田辰秋 《白檀塗四稜茶器》 1975年頃 東京国立近代美術館蔵

棗は掌の中におさまる程度のサイズながら、そのバリエーションは無数にあります。装飾の豊かさ、制約のなかにある愉しさなど、作家の美意識を反映した近代棗の魅力を味わえる所蔵作品展です。

棗に関する研究・そのほか近代工芸品も展示

そのほか、蒔絵師・松田権六による棗の研究成果も紹介。松田権六は人間国宝に登録されている蒔絵師で、彼の工房には棗にまつわる制作資料や道具が多数残されていました。その中から作品の成立にかかわる近年の研究を紹介します。

さらに陶磁、ガラス、染織、金工など近代工芸の名品も展示します。茶道具や着物など、「和の空間」をお楽しみください。

十五代樂吉左衞門 《黒茶碗月華千峰》 1990年 東京国立近代美術館蔵

十五代樂吉左衞門 《黒茶碗 月華千峰》 1990年 東京国立近代美術館蔵

所蔵作品展 近代工芸の名品―[特集展示]棗にまつわるエトセトラ

【日程】2018年12月21日(金)~2019年2月11日(月・祝)
    ※休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館、翌日振替休館)、年末年始
【会場】東京国立近代美術館工芸館
【主催】東京国立近代美術館
【公式サイト】http://www.momat.go.jp/cg/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る