さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「江戸飯」の実食も!浮世絵から食の楽しみを知る「大江戸グルメと北斎」展

投稿日: 2018年11月21日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE

企画展「大江戸グルメと北斎」

【日程】 2018年11月20日(火)~2019年1月20日(日)
    ◎前期:11月20日(火)~12月16日(日)
    ◎後期:12月18日(火)~2019年1月20日(日)
    ※前後期で一部展示替えを実施
    ※休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館、翌日振替休館)、年末年始
【会場】すみだ北斎美術館
【主催】墨田区・すみだ北斎美術館
【公式サイト】http://hokusai-museum.jp/

すみだ北斎美術館にて、2018/11/20(火)〜2019/1/20(日)の期間、「大江戸グルメと北斎」展が開催されます。

江戸時代に花開いた和食文化

ユネスコ無形文化遺産登録5周年を迎え、さらに世界から関心を集める「和食」。

この和食文化は、江戸時代に大きく花開き、北斎が活躍した時代に飛躍的な進歩をとげました。 寿司や蕎麦など現在でもおなじみのグルメの誕生に加え、高級料理店も誕生がしたのもこの時代です。

この頃、農業や漁業などの食産業や経済が大きく発展。成熟した社会は人々に「食を楽しむ」という余裕をもたらしました。 江戸の後期には、様々な豆腐料理を紹介する『豆腐百珍』など、珍しい料理を紹介するレシピ本が大流行するなどして、「食」という営みが「文化」として磨かれていきました。

北斎一門が描いた浮世絵からも、当時の人々が、ファストフードにスイーツ、高級グルメまで、さまざまな食を楽しむ様子がうかがえます。

葛飾北斎『北斎漫画』 九編「士卒英気養図」(通期)

本展「大江戸グルメと北斎」では、江戸の食にまつわる浮世絵展示のほか、江戸時代の料理のレプリカや当時のレシピ本などを展示し、現在の食文化のルーツである江戸時代の人々の食のあり方や、その発展の背景を紹介しています。

「鶏卵様」(再現レプリカ)東京家政学院生活文化博物館蔵(通期)

「江戸飯」を実食!近隣カフェで、再現ランチや甘味が登場

さらに、会期中には、「江戸飯」を実際に味わえるコラボCaféも開催。

会場の近隣のCafé 全6店舗に、期間限定の特別「江戸」メニューが登場。企画展で展示された食品レプリカを本格再現したランチプレートや、江戸スイーツを現代風にアレンジした甘味など、それぞれのカフェの特徴を活かしたメニューが提供されます。

企画展に訪れた際にはぜひこちらもチェックしてみてください。

提供店舗:ORI TOKYO 監修:江原絢子氏(東京家政学院大学名誉教授)

企画展「大江戸グルメと北斎」

【日程】 2018年11月20日(火)~2019年1月20日(日)
    ◎前期:11月20日(火)~12月16日(日)
    ◎後期:12月18日(火)~2019年1月20日(日)
    ※前後期で一部展示替えを実施
    ※休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館、翌日振替休館)、年末年始
【会場】すみだ北斎美術館
【主催】墨田区・すみだ北斎美術館
【公式サイト】http://hokusai-museum.jp/
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る