さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ノスタルジックな「タイル」にときめく 世界に根付く和製タイルの歴史展が開催中

投稿日: 2018年12月5日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE
多色草加文レリーフタイル 不二見焼 撮影:梶原敏英

多色草加文レリーフタイル 不二見焼 撮影:梶原敏英

「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」

【会 期】2018年11月3日(土)~2019年4月9日(火)
【時 間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【会 場】INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、2018年12月26日(水)~2019年1月4日(金)
【入場料】共通入館料にて観覧可 (一般:600円、高・大学生:400円、小・中学生:200円)
【公式HP】http://www.livingculture.lixil/topics/ilm/clayworks/exhibition/japan-made-majolicatiles/

独特の多彩な色とどこか懐かしいアンティーク柄が魅力の「和製マジョリカタイル」が話題を集めています。

その「和製マジョリカタイル」の魅力を様々な展示物で、存分に堪能する事のできる「和製マジョリカタイル~憧れの連鎖」が11月3日より、INAXライブミュージアムで開催中です。

多彩な色使いと精度が特徴の「和製マジョリカタイル」

「和製マジョリカタイル」とは、主に大正初めから昭和10年代頃まで日本で作られた多彩色レリーフタイルです。明治の日本で欧米人達の住居の洋風建築に用いられていた、近代イギリス製の「ヴィクトリアンタイル」の耐火、耐水性、そして美しさに魅せられた設計者たちが、日本での生産を望みました。

その思いを受けた、当時のタイルメーカーが研究を重ね、乾式プレス成形法を確立して、歪みや反りが無く、寸法精度の高い「和製マジョリカタイル」を生み出しました。

当初は、国内建築の装飾に用いられていましたが、安価かつ高品質である事から、東南アジア、オーストラリア、アフリカへと輸出され富裕層のステータスとして世界の様々な地域で建築を彩ってきました。

果物レリーフタイル(桃、ザクロ) 製造会社不詳 撮影:梶原敏英

果物レリーフタイル(桃、ザクロ) 製造会社不詳 撮影:梶原敏英

草花文チューブライニングタイル 佐治タイル 撮影:梶原敏英

草花文チューブライニングタイル 佐治タイル 撮影:梶原敏英

多色チューブライニングタイル(草木と鳥) 不二見焼 撮影:梶原敏英

多色チューブライニングタイル(草木と鳥) 不二見焼 撮影:梶原敏英

見どころ満載の展示物

今回の企画展の舞台となる「INAXライブミュージアム」は、愛知県常滑市。

古くから陶芸の盛んな「やきもののまち」です。イギリス製のタイルへの憧れから生まれた「和製マジョリカタイル」が、日本で誕生し、やがて世界の様々な地域へと渡り、建築に彩りを添えていく様子を、国内外の建築事例写真をもとに紹介します。

実際の「和製マジョリカタイル」も約80点展示されます。その他にも会期中、会場では当時のタイルのデザインをモチーフに再現されたタイルで構成される「マジョリカタイルの回廊」が出現し、「レトロでありながら新鮮な雰囲気」のタイル空間を演出します。

和製マジョリカタイルの持つ、繊細かつ色鮮やかな魅力を体感しに、ぜひ足を運んでみて下さい。

「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」

【会 期】2018年11月3日(土)~2019年4月9日(火)
【時 間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【会 場】INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、2018年12月26日(水)~2019年1月4日(金)
【入場料】共通入館料にて観覧可 (一般:600円、高・大学生:400円、小・中学生:200円)
【公式HP】http://www.livingculture.lixil/topics/ilm/clayworks/exhibition/japan-made-majolicatiles/
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る