さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「伝統工芸」と「先端テクノロジー」が融合するとどうなる?「工芸ハッカソン2018」11月30日より開催

投稿日: 2018年11月20日
産地: ニュース
  • LINE
「工芸ハッカソン」メインビジュアル

「工芸ハッカソン」メインビジュアル

「工芸ハッカソン2018」

【会 期】2018年11月30日(金)~2018年12月2日(日)
【時 間】11月30日(金):10:00~21:00 12月1日(土)、2日(日):10:00~18:00 
【会 場】渋谷・EDGEof(東京都渋谷区神南1-11-3)
【入場料】無料(受付にて記名)
【公式HP】https://kogeihackathon.com/

伝統工芸とアート、そして先端技術。この3つの異分野の融合により、未来に繋がる新しい価値観の可能性を探る「工芸ハッカソン2018」が11月30日(金)から3日間「渋谷・EDGEof」で開催されます。

異分野との掛け合わせで生まれ進化を遂げる「工芸ハッカソン」の作品たち

富山県高岡市は銅器や漆器などの工芸技術を400年以上もの長い年月に渡り受け継いできた、いわば「伝統工芸のまち」。「工芸ハッカソン」は、その高岡市で2017年「国際北陸工芸サミット」の一環として開催されます。

地元の職人たちが作り出す伝統の「手仕事」と、アート、そして最新テクノロジーの3つの異分野のエキスパートによるメンバーで構成された7つのプロジェクトを立ち上げました。

漆の持つ反射の特性とテクノロジーとの組み合わせにより水面を表現するインスタレーション「9+1(ナインプラスワン)」。人工知能が導き出した新しい高岡の仏具の形を職人が再現する「Re工芸」。美しい音色を響かせる仏具「おりん」がインターネットを介して遠隔地にいる人とのコミュニケーションツールになる「つくるラボTakaoka」など。

それぞれのプロジェクトからは、今まで工芸にも最新テクノロジーにも無かった古くて新しい作品が生み出されています。

9+1(ナインプラスワン)

9+1(ナインプラスワン)

Re工芸

Re工芸

そして、そのプロジェクトは単なる一過性のイベントとして終わることなく、むしろそこを出発点としてそれぞれが今尚、進化し続けています。

今回の「工芸ハッカソン2018」では、その7つのプロジェクトの最新の作品や活動情報を発表する「展覧会」をメインに、その魅力を存分にアピールするための、様々なイベントやブースが設けられます。

「工芸ハッカソン」の魅力を伝える様々なイベント

「トークセッション」では、「工芸ハッカソン」の審査員をゲストに招き、チームメンバーと共に、異分野の融合による新しいムーブメントの可能性を探り、その後、レセプションにより交流を図ります。(「トークセッション」は定員に達したため参加受付終了)

そして、「工芸ワークショップ」では、「螺鈿アクセサリー作り(2,500円 30分)」、「螺鈿ネイル(1本1,500円 15分)」、「すずがみ製作体験(3,000円 15分)」において、高岡市の伝統産業を体験することができます。※螺鈿アクセサリー作り、螺鈿ネイルは12月1日、2日の2日間、すずがみ製作体験は12月2日のみ

螺鈿アクセサリーづくり

螺鈿アクセサリーづくり

螺鈿ネイル

螺鈿ネイル

すずがみ製作体験

すずがみ製作体験

最先端のテクノロジーとの掛け合わせによって生まれた、今までどこにもなかった新しい作品たちに会いに、会場に足を運んでみませんか?

「工芸ハッカソン2018」

【会 期】2018年11月30日(金)~2018年12月2日(日)
【時 間】11月30日(金):10:00~21:00 12月1日、2日:10:00~18:00 
【会 場】渋谷・EDGEof(東京都渋谷区神南1-11-3)
【入場料】無料(受付にて記名)
【公式HP】https://kogeihackathon.com/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る