さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

「益子 秋の陶器市」開催。オリジナルマスキングテープなど限定グッズも

投稿日: 2018年11月2日
産地: ニュース
  • LINE

第102回 益子秋の陶器市

開催日時;2018年11月2日(金)~11月5日(月)9:00~17:00
開催場所:益子 町内各所(城内坂、サヤド地区中心)
公式HP:http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

2018年11月2日(金)~11月5日(月)、栃木県益子市で、益子 秋の陶器市が開催されます。

益子陶器市は1966年から始まり、例年春・秋2回に開催される、人気の陶器市。

約50の店舗のほか、約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップやお皿などの日用品、 美術品まで、非常に多種多彩な陶器が販売されます。そのほかにも地元農産物や特産品の販売も行われ、毎年、春秋あわせて約60万もの人がこの町に集まります。

陶器市限定グッズも販売!イラストは益子のイラストレーター「ウスバミコ」さん

会場では、秋の陶器市限定のグッズとして「測量野帳」「マスキングテープ」も販売予定。(販売場所等は決まり次第公式HPにてお知らせ)

「測量野帳」(kokuyo/3mm方眼、1冊40枚、税込450円)は、スクラップブックやスタンプ集め、感想やイラストを記したり、益子陶器市の思い出作りにもぴったりのアイテム。

「マスキングテープ」(30mm×5m、税込300円)は、幅広タイプで、地元のイラストレーター・ウスバミコさんのイラストをカラフルにプリント。手に取ったら、ぜひイノシシのしっぽに注目してみてください。

「測量野帳」(kokuyo/3mm方眼、1冊40枚、税込450円)

会場周辺には、日本の工芸界に大きな影響を与えた濱田庄司にまつわる美術館も。

濱田庄司が晩年暮らした邸宅を抱える「益子陶芸美術館」や、彼が自ら参考とした品々を、広く一般の人々にも「参考」にしてほしいとの意図のもと開設された「益子参考館」などは、益子焼の歴史やあゆみを知るために必見のスポットです。

さらに陶器市の会場には、焼物の販売だけでなくかわいらしいカフェや雑貨店も多数。

お気に入りのうつわを探しながら、ぜひ秋の益子を散策してみてください。

第102回 益子秋の陶器市

開催日時;2018年11月2日(金)~11月5日(月)9:00~17:00
開催場所:益子 町内各所(城内坂、サヤド地区中心)
公式HP:http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る