さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

工芸は、これからもずっと楽しい。 「金沢21世紀工芸祭」今年も開催。

投稿日: 2018年10月2日
産地: ニュース
  • LINE
金沢21世紀工芸祭メイン画像

2016年に初開催され、今年で3回目を迎える金沢21世紀工芸祭。
今回は「東アジア文化都市2018金沢」のメインイベントとしても、さまざまな工芸の多様性・可能性に出会える場となっています。

金沢21世紀工芸祭

会期:2018年10月11日(木)~11月25日(日)
開催地:石川県金沢市内及び近郊
主催:東アジア文化都市2018金沢実行委員会 金沢市
共催:公益社団法人金沢青年会議所 認定NPO法人趣都金澤 金沢アートスペースリンク
事務局:金沢21世紀工芸祭実行委員会(株式会社ノエチカ内)
石川県金沢市下本多町六番丁40番地1 3F
TEL : 076‐223‐3580(月~金 9:00~18:00)
オフィシャルサイト:https://21c-kogei.jp/2018/

金沢21世紀工芸祭とは

金沢21世紀工芸祭は、クラフト分野で認定を受けたユネスコ創造都市・金沢市が開催するイベントです。
これまで個別開催されていた工芸イベントを集結し、新たなコンテンツを加え、2016年に初開催されました。

金沢21世紀工芸祭が目指すのは、金沢の街を、工芸の集積・発信地となる「ポート(港)」にすること。
工芸の交流と対流を生み出す仕掛けをつくり、工芸界全体の発展と地域活性化の基盤づくりを図っていきます。

また、イベントのメインテーマとして「工芸を遊ぼう。」を掲げ、毎年さまざまなプログラムがラインアップされています。第3回となる今年も様々な視点から工芸の魅力を知ることができるコンテンツが勢揃い。今回はこの5つのコンテンツをご紹介します。

料理人と工芸作家のプレミアムな饗宴「趣膳食彩」

趣膳食彩

「趣膳食彩」会期:10月13日(土)~11月25日(日)

料理人と工芸作家。静かに一点を見つめるような真摯な姿勢・想いが融けあい、ここでしか味わうことのできない空間を生み出します。

金属造形作家の坂井直樹氏によるこの日のためだけの特別な鉄鍋と、金沢屈指の創作料理店PLATHOMEの岡川透氏による旬の美食を堪能できる晩秋の宴「鋤焼の集い」、陶器でワインと料理のペアリングを楽しむ「土と共に」など、プログラムは合計6つ(予約制)。食と工芸の素晴らしさを感じられるプレミアムな世界を、自身の五感で味わってみてはいかがでしょうか。

町家に広がる工芸の世界「工芸回廊」

工芸回廊

「工芸回廊」会期:10月11日(木)~10月14日(日)

金沢らしい風情を残す東山と主計町の町家に、作家とギャラリーが工芸作品を展示されます。いつもの日常とはすこし異なる街のなか、アートや工芸に触れることで、今まで知らない魅力に気づき出会える4日間です。また、第1回より実施されている、アトリエやギャラリーなど金沢のアートスポットを巡る無料ガイドツアー「KOGEIさんぽ」も楽しめます。

伝統と現代、それぞれの茶会「金沢みらい茶会」

金沢みらい茶会

「金沢みらい茶会」会期:10月14日(日)~11月23日(金)

「トラディショナル」と「コンテンポラリー」、ふたつのテーマで茶席を開催。永く変わらぬ美と洗練された独自の美が、「茶の湯」文化の根付く金沢の町へ映えています。通常非公開の寒雲亭写しの茶室で開催する「十間町四四茶会」、ビートルズ宇宙の深遠さを茶の湯を通じて体感する「ザ・ビートルズ茶会」など、興味をそそられるラインナップでのおもてなしを是非(予約制)。

未来の使い手を育てる工芸ワークショップ「金沢みらい工芸部」

金沢みらい工芸部

「金沢みらい工芸部」会期:10月13日(土)~11月24日(土)

子どもから大人まで、年代にかかわらず参加できるワークショップ(予約制)。日本の美を担う若手工芸作家によるレクチャーのもと、さまざまな伝統工芸の技法に触れ、作家の活動や思いを体感することができます。未来の工芸を支える"使い手"としての一歩を、ここから始めましょう。

アートが誘う金沢の路地巡り「金沢アートスペースリンク」

金沢アートスペース

「金沢アートスペースリンク」会期:10月11日(木)〜11月25日(日)

金沢市と近郊に点在するアートスペースをつなぐ「金沢アートスペースリンク」。工芸祭期間中のアートスペース情報はパンフレットやウェブで発信され、11月には金沢アートグミで全参加アートスペースが出展するアートフェアも開催されます。

日本の伝統に触れ、眠っていた美の感覚にあたらしく出会う。
この秋、金沢で工芸と“遊んで”みてはいかがでしょうか。

会期:2018年10月11日(木)~11月25日(日)
開催地:石川県金沢市内及び近郊
主催:東アジア文化都市2018金沢実行委員会 金沢市
共催:公益社団法人金沢青年会議所 認定NPO法人趣都金澤 金沢アートスペースリンク
事務局:金沢21世紀工芸祭実行委員会(株式会社ノエチカ内)
石川県金沢市下本多町六番丁40番地1 3F
TEL : 076‐223‐3580(月~金 9:00~18:00)
オフィシャルサイト:https://21c-kogei.jp/2018/

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る