さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

神戸の課題を事業で解決するクリエイター募集!KOBE MEMEプロジェクト

投稿日: 2018年9月12日
産地: ニュース
  • LINE

公募で選ばれたクリエイターと、地域の大学生、住民が協働しながら、町の問題を解決していくための事業を立ち上げ、持続的なコミュニティを育む。そんなプロジェクト「KOBE MEME(コウベミーム)」が兵庫県神戸市の長田区、兵庫区エリアで始まります。

KOBE MEMEプロジェクト

KOBE MEMEプロジェクト

「KOBE MEME」ワークショップ

・募集定員:30名(応募多数の場合書類選考あり)
・活動期間:2018年9月~2019年3月
※2019年度4月以降は任意参加(新年度に新たに参加者を補充予定)
・活動場所:神戸市長田区、兵庫区
・参加費:無料(現地までの交通費、および飲食費・宿泊費等は実費)
・参加条件:下町芸術大学の講座(全11回)のうち、第1回(9月23日)を含む3回以上参加でき、かつグループワーク(全4回)に2回以上参加可能な18歳以上の方
※講座以外でのグループワークの活動場所はチームごとに用意。
・応募締め切り:9月15日(土)23:59 必着
※受講者の発表は18日以降順次ご連絡
・お問い合わせ:shinnagata.artcommons@gmail.com(新長田アートコモンズ実行委員)
・お申し込みはこちら
・KOBE MEMEウェブサイト https://shitamachikobe.jp/kobememe/

地域には、人々の間で長年培われてきた目に見えない手仕事や慣習などの「地域らしさ」があります。

同プロジェクトでは、そうした地域らしさを文化的遺伝子「MEME」であると定義。古くから地域に存在するMEMEを掘り起こし、新しい事業やプロジェクトを発案して未来へと引き継ぐ。そんな願いを込めてKOBE MEMEと名付けられました。

KOBE MEME

参加者は、神戸にゆかりのある多彩な講師による講座・下町芸術大学(※)を受講する傍ら、活動エリアごとに分かれたグループで地域×クリエイティブの事業プランを構想。

自主的なグループワークによって発想された事業プランは、翌年度以降、担当グループとメンター、ディレクターとともに事業化を目指します。

<活動エリア>
神戸市長田区

神戸市長田区

神戸市長田区

神戸市全9区で最も空き家率と高齢化率が高い「長田区」。細い路地が入り組み、工場や商店、住宅が混在する歴史ある漁村集落で、昔ながらの下町情緒溢れる街並みが残っているエリアとのこと。ケミカルシューズやマッチを代表とした地場産業が集積し、多文化で多彩な下町コミュニティが形成されています。

神戸市兵庫区

神戸市兵庫区

神戸市兵庫区

かつて大輪田泊として繁栄した平清盛ゆえんの地である「兵庫区」。古い歴史をもつ建物や史跡が街の至る所に存在し、中央卸売市場など観光資源が豊富にあるにも関わらず、現状は区としてあまり周知されていないそう。沿岸部には造船業をはじめ重工業地帯が立ち並び、ものづくりの拠点として機能しています。

こんな人におすすめ!

・グラフィックデザイナー、UI/UXデザイナー、編集者/ライター、プログラマなどクリエイティブ職の方
・神戸にゆかりがあり、地域の課題解決に取り組みたい・地域とつながりたいクリエイター、起業家
・京阪神エリア在住/在勤で、広くまちづくりやクリエイティブの仕事に関心のある方
・京阪神エリア在住/在勤で、地元のまちづくりに長田区や兵庫区での取り組みを参考にしたい

<プロジェクトスケジュール>
・フェーズ01 2018年9月~12月

フェーズ01では、下町芸術大学の座学・フィールドワークに参加しながら、地域の歴史、風土、課題を知ります。

特に初回は、プロジェクトのオリエンテーションを兼ねて、プログラムディレクターによるレクチャーを実施。さらに、参加者の自己紹介・グループ分けを行い、今後の活動プランを決定するので参加が必須とのこと。

■初回レクチャー

・日時 2018年9月23日 17:00-19:00
(下町芸術大学-影山裕樹編(15:00-16:30)終了後に行います。)
・会場 ヨンバンカンニカイ(長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館2階)

・フェーズ02 2018年10月~12月

グループごとにヒアリングやリサーチを行い、担当エリアを決める。

下町芸術大学の開催期間中、プロジェクトメンバーによるレクチャー、ワークショップを複数回開催。この頃からグループごとに担当エリアを決定し、エリアごとに用意されたプロジェクトルームにてグループワークを行っていくとのこと。

・フェーズ03 2018年11月〜2019年2月

グループごとに事業プランを構想、公開プレゼンテーションに向けた準備を行う。

引き続き、グループごとにディスカッション、リサーチを行い、年度末の公開プレゼンテーションに向け準備を行う。適宜メンター、地元関係者のアドバイスを仰ぎながら、斬新で継続性のある事業プランの構想を目指します。

■グループワーク
※下記日程では、メンターが適宜参加し、グループワークをサポート。原則参加。

・日程 11月10日(土)、12月22日(土)、1月19日(土)、2月16日(土)
・時間 14:00-17:00
・会場 ヨンバンカンニカイ(長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館2階)

・フェーズ04 2019年3月

リハーサル、公開プレゼンテーション、交流会

グループごとに温めてきたプランを、地元関係者、外部有識者などの評価委員、行政や地元企業関係者の前で披露。プレゼン資料を用意し、決められた時間内でプレゼンを行う。プレゼン後は交流会を開催し、翌年度の事業化に向けた知見のフィードバックをもらいます。

■リハーサル

・日時 2018年3月2日(土) 13:00-17:00
・会場 ArtTheater dB KOBE (長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館4階)

■公開プレゼンテーション・交流会

・日時 2018年3月3日(日) 13:00-17:00,17:00-19:00
・会場 ArtTheater dB KOBE (長田区久保町6-1-1アスタくにづか4番館4階)

・フェーズ05 2019年4月〜

事業プランをブラッシュアップし、翌年度に地域内で実践する

2019年度に開催される下町芸術祭や神戸市が主催する芸術祭と連動しながら、各グループごとの事業プランを地域にインストールするために新たにメンバーを補充、適宜グループワークを行いながら2020年3月までの事業化目指します。

※下町芸術大学とは

「KOBE MEME」の開催にあわせて、神戸の下町である長田区、兵庫区の歴史や風土といった文化的背景を学ぶ講座プログラム「下町芸術大学」が開学されます。

神戸にゆかりのある多彩な講師たちと多角的な視点から地域に内在する本質的価値を読み解き、地域がもつ課題や新たな魅力を見出すことを目指すとのこと。

主催はNPO法人DANCE BOX/新長田アートコモンズ実行委員会。

講義内容についてはこちら

参加者特典

[特典1] 参加者は各エリアごとに少人数グループに分けられ、グループごとにミーティング、リサーチなどの活動拠点が用意されます。活動以外の日もリモートワークや打ち合わせで活用可能です。

[特典2] グループごとにメンターやディレクターが適宜活動をサポート。プロジェクトに直接かかわらなくても、ライティングスキルを伸ばしたい、各地の実例について深く知りたいという方は、気軽にメンターやディレクターのアドバイスを仰ぐことができます。

プロジェクトメンバー紹介

・影山裕樹(合同会社千十一編集室)

ディレクター
1982年、東京生まれ。編集者。合同会社千十一編集室 代表。
数々のアート・カルチャー書の出版プロデュースの他、「十和田奥入瀬芸術祭」(2013)、「CIRCULATION KYOTO」(2017)、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」(2017〜)、「GIFU MEME」(2018)など全国各地のプロジェクトにディレクターとして携わる。著書に、『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)、『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)、編著に『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)、『あたらしい「路上」のつくり方』(DU BOOKS)などがある。
http://sen-to-ichi.com

岩本順平(一般社団法人DOR 代表)

プロデューサー
写真スタジオでのアシスタントを経て、2012年に写真家として独立。
2014年から新長田の再開発エリアで劇場を運営するNPO法人DANCE BOXに参加。PRディレクターとして主催公演などの広報を担当。2015年、神戸市長田区南部を舞台にした下町芸術祭の立ち上げに事務局長として参加、2017年秋に第2回目を実施。2017年春よりデザインやアートの地産地消による地域の活性化を目的に長田の仲間たちと一般社団法人DORを設立。

合田昌宏

エリアリーダー
1973年兵庫県神戸市生まれ。
地元工務店の設計部を経て、中古物件のリノベーションを中心に行うアートアンドクラフトで多数の案件を担当。 同時にゴウダデザインスタジオを設立。現在は神戸市長田区六間道商店街に事務所兼レンタルスペースを運営。リユースのものづくりを指導したり、空き物件を活用したプロジェクトの立ち上げなどを行っている。

角野史和

エリアリーダー
1980年生まれ。
暮らしとともにある建物やまちを愛し、長田南部では路地を活かしたまちづくり支援、古民家・空き地再生、商業地支援など、建築設計と地域主体のまちづくり支援に携わる。2016年に一級建築士事務所こと・デザインを開設。モットーは「つっかけで会いにいける距離感でとにかく顔をつき合わすんや!」。2014年日本都市計画学会計画設計賞受賞。

前畑洋平

エリアリーダー
産業遺産が持つ歴史的価値や魅力を多くの人に知ってもらおうと、2009年に産業遺産ツアーを行うNPO法人を立ち上げる。現在は産業遺産コーディネーターとして全国の産業遺産の活用についても助言等も行なっている。著書に「産業遺産JAPAN(創元社)」がある。総務省地域力創造アドバイザー。内閣府地域活性化伝道師。

山下香

メンター
神戸市生まれ、英国、フランスで建築、都市計画を学び帰国。
2005年兵庫区長田区の空間や人の魅力を発掘・発信する「下町レトロに首っ丈の会」を結成し、観光まちづくり活動や空き資源の活用プロジェクトを展開する。現在、大学教員として、一級建築士事務所状況設計室での設計活動と観光まちづくり活動を研究活動に展開している。

横堀ふみ

メンター
NPO法人DANCE BOXプログラム・ディレクター
神戸・新長田在住。劇場Art Theater dB神戸を拠点に、滞在制作を経て上演する流れを確立し、ダンスを中心としたプログラム展開を行う。同時に、アジアの様々な地域をルーツにもつ多文化が混在する新長田にて、独自のアジア展開を志向する。ベトナム人の夫をもち、一児の母でもある。

小嶋新

メンター
特定非営利活動法人しゃらく インキュベート事業部担当執行役員
2004年に立命館アジア太平洋大学卒業、野村證券を経て、NPO法人しゃらくの設立に参画。2007年に兵庫県社会福祉協議会で勤務。現在は、生きがいしごとサポートセンター神戸西や神戸市協働コーディネート業務などNPOやソーシャルビジネスの創業・運営支援を一貫して担ってきた。ほかに関西学院大学など複数の大学で教鞭をとる。

安黒千能

メンター
1968年、兵庫県宍粟市生まれ。株式会社アグロワークス 代表取締役
カリフォルニア大学デービス校への語学留学を経て、生活協同組合コープこうべへ入所し、地域密着型の店舗運営を体験。阪神淡路大震災直後に実家である株式会社ホームセンターアグロへ入社。ホームセンター業界の最大成長期を経験し、2004年に駒ヶ林店オープンと同時に常務取締役新業態本部長へ就任。地域密着型大規模ホームセンター、温浴施設を開業する。2014年、株式会社アグロワークスを設立。『カッコよく働く』を応援する「ワークウェア・ワークアイテム専門店」を経営。

やまぐちくにこ

メンター
Fkeys+代表 淡路島生まれ。
2005年NPO法人淡路島アートセンターを設立。淡路島を耕す女として、新しいことにチャレンジする土壌を島の中につくりたい!とクリエイティブな力を信じ、新たな価値の創出に奮闘する。現在は、ファンクションキーを意味する、Fkeys+(エフキー)という屋号で地域プログラム企画や他地域の文化政策などにも関わり、島で培ったノウハウやヒト・コトのネットワークを島内外に紹介するコーディネート役を担う。「淡路はたらくカタチ研究島」「ハタラボ島協同組合」発起人。

首藤義敬

メンター
株式会社Happy代表取締役。
遠くのシンセキより近くのタニンをモットーに、多世代型介護付きシェアハウスはっぴーの家、移住専門不動産・高齢者福祉の相談窓口等をミックスしたアトリエなど、ちょっと新しい不動産事業、ちょっと新しい福祉事業などなど、暮らしの中にあるアタリマエをリノベーションする会社代表。

主催

新長田アートコモンズ実行委員会、DANCEBOX

企画協力

千十一編集室

共催

長田区、兵庫区

助成

平成30年度文化庁劇場音楽堂等活性化事業(db)、兵庫県県政150年記念事業、
神戸市「協働と参画」推進助成、大阪コミュニティ財団

「KOBE MEME」ワークショップ

・募集定員:30名(応募多数の場合書類選考あり)
・活動期間:2018年9月~2019年3月
※2019年度4月以降は任意参加(新年度に新たに参加者を補充予定)
・活動場所:神戸市長田区、兵庫区
・参加費:無料(現地までの交通費、および飲食費・宿泊費等は実費)
・参加条件:下町芸術大学の講座(全11回)のうち、第1回(9月23日)を含む3回以上参加でき、かつグループワーク(全4回)に2回以上参加可能な18歳以上の方
※講座以外でのグループワークの活動場所はチームごとに用意。
・応募締め切り:9月15日(土)23:59 必着
※受講者の発表は18日以降順次ご連絡
・お問い合わせ:shinnagata.artcommons@gmail.com(新長田アートコモンズ実行委員)
・お申し込みはこちら
・KOBE MEMEウェブサイト https://shitamachikobe.jp/kobememe/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る