さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

【職人募集】月に日本庭園をつくる庭師

投稿日: 2018年9月9日
産地: ニュース
  • LINE

世界的な庭師が、弟子を募集しています。

将来の夢は、月に日本庭園をつくること。それを一緒に叶えてくれる庭師さんを探しているそうです。

長崎 波佐見の西海陶器 山口陽介

長崎・波佐見町 西海園芸

月を目指してはいますが、拠点となる職場は長崎の波佐見町。この周辺の家庭やお寺の庭の剪定をするのが、今回庭師を募集している西海園芸さんの庭師の主な仕事です。
※西海園芸が関わった庭については、以下をご覧ください。庭師がどんな風に空間や植物を見ているのか、きっと分かると思います。

「庭を知ると旅の景色が変わる。世界の庭師とめぐる、山と庭園」



舞台は、日本全国、世界、そして月

庭師の仕事で指導をするのは西海園芸 常務取締役の山口陽介さん。

波佐見 西海園芸の山口陽介

世界三大ガーデンフェスティバルのひとつ「シンガポール・ガーデン・フェスティバル」で金賞を受賞。「メルボルン国際フラワー&ガーデンショー」に、日本人として初めて招待を受けて参加。

日本全国にクライアントを抱え、シンガポールやタイの資産家から指名を受けて現地で庭を作るために飛び回る、世界で活躍する庭師です。

西海園芸 山口陽介
西海園芸 山口陽介

※ 詳しくはこちらの記事をご覧ください
「“This is a pen”だけで単身渡英した25歳が「世界の庭師」になるまで」

庭師の仕事は、過去の歴史を紐解きながらその本質を探ること。そして更に、その伝統をアップデートしていくことが求められます。

波佐見 西海園芸の山口陽介さん 山で


やる気があれば未経験でも可

未経験でも「やる気があれば」応募可能とのこと。ですが、実際の現場仕事はかなりハードだと思います。石を削り、土を運び、木に登り剪定をする庭師さんの仕事。

未経験から踏み込むには相当の決意がいりますが、踏み込むと奥深く楽しい仕事のはず。まずは一度、話を聞いてみてはいかがでしょうか。


今週末東京で、直接話せる機会もあるようですのでぜひ。

【しごとバー】月に庭をつくらナイト
日時:2018/09/14 20:00 開始
会場:リトルトーキョー2F(東京都江東区三好1-7-14)






西海園芸

長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷1661
0956-85-6539
http://saikaiengei.co.jp/


<募集職種>
・庭師
・空間の設計デザイナー
・生花店販売員

仕事百貨 採用記事「セッションする庭師 伝統をアップデートして月に庭をつくる

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る