さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

内田鋼一、松島 巌らの作品から“美しい生活の在り方”を考える。資生堂「工芸を我らに セレクション」開催

投稿日: 2018年9月19日
産地: ニュース
タグ:
  • LINE

休日の朝食 (十四代 今泉今右衛門、内田鋼一、富本憲吉)

美しい生活のための展覧会「工藝を我らに セレクション」

会期: 2018年 9月11日(火)~ 11月25日(日) <入場無料>
会場: 資生堂アートハウス
〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1 (TEL.0537-23-6122)
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
開館時間: 10:00-17:00(入館は16:30まで)
ホームページ:https://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=trb81/

資生堂が2015年から2017年にかけて開催した企画展、第一期「工藝を我らに」。その回顧展「工藝を我らに セレクション」が、2018年9月11日から資生堂アートハウスにて開催されています。

「工藝を我らに」は、陶藝の十四代 今泉今右衛門(じゅうよんだい いまいずみ いまえもん・1962- )・内田鋼一(うちだ こういち・1969- )、ガラス工藝の松島 巌(まつしま いわお・1946- )、漆藝の小椋範彦(おぐら のりひこ・1958- )・小西寧子(こにし やすこ・1968- )によるグループ展。「生活の中で使うもの」というテーマで、年に一度アートハウスの会場にて新作を発表。生活の中で実際に作品を使う場面をイメージしながら展示されたそうです。

1872年の創業以来、商品を中心にパッケージや宣伝制作物において美しく品格のあるものを創造してきたという資生堂。「工藝を我らに」は、同社が一化粧品会社の立場から日常生活全般の藝術化を提唱してきた歴史の延長線上にあるもので、展示会を通じて身の周りの美しい生活の在り方を提案するものでした。

今回のセレクション展では、第一期「工藝を我らに」の歩みを振り返ります。3年間の「工藝を我らに」において発表された作品を中心に、さまざまな道具類や美術品などを組み合わせながら日常の一場面が再現されているとのこと。

関連企画として、9月21日、10月27日、11月17日に「学芸員によるギャラリートーク」も開催されます。ぜひ一度足を運んでみてください。

資生堂アートハウス展覧会 開催のお知らせ 工藝を我らに セレクション

内田鋼一 「白金彩線刻文後手茶注」 2014年

資生堂アートハウス展覧会 開催のお知らせ 工藝を我らに セレクション

松島 巌 「虹彩陽刻文蓮弁」 2014年

資生堂アートハウス展覧会 開催のお知らせ 工藝を我らに セレクション

小西寧子 「濃緑螺鈿箱」 2014年

資生堂アートハウス展覧会 開催のお知らせ 工藝を我らに セレクション

小椋範彦 「切貝蒔絵薊文茶入」 2014年

資生堂アートハウス展覧会 開催のお知らせ 工藝を我らに セレクション

関野晃平 「朱漆螺鈿丸盆」 2011年

■関連企画「学芸員によるギャラリートーク」

日 時: 9月21日(金) ・ 10月27日(土) ・ 11月17日(土)
各日14:00-14:30
※やむを得ない理由により、予告なく日程変更の場合がございます
会 場: 資生堂アートハウス <参加費無料|申込み不要>

美しい生活のための展覧会「工藝を我らに セレクション」

会期: 2018年 9月11日(火)~ 11月25日(日) <入場無料>
会場: 資生堂アートハウス
〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1 (TEL.0537-23-6122)
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
開館時間: 10:00-17:00(入館は16:30まで)
ホームページ:https://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=trb81/
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る