さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

3つのKOUBAを巡り、ものづくりを身近に。「燕三条 工場の祭典 2018」

投稿日: 2018年10月1日
産地: ニュース
  • LINE
トップ画像

燕三条 工場の祭典 2018

【開催期間】2018年10月4日(木) – 10月7日(日) 9:00-17:00 (*12:00-13:00を除く)
【開催場所】新潟県三条市・燕市全域 及び 周辺地域
【アクセス】
・電車/新幹線にて: 上越新幹線・JR弥彦線「燕三条駅」下車
またはJR越後線・弥彦線・信越線の開催地域内の各駅下車
「燕三条駅」から「三条ものづくり学校」まで臨時バスを運行(※便数に限りがあります。)
・お車にて: 関越道「三条燕IC」出口
【参加費】無料
【公式URL】http://kouba-fes.jp

3つのKOUBAを巡る

新潟県燕三条地域の企業が一斉に工場を開放するイベント、「燕三条 工場の祭典 2018」が10月4日から7日までの4日間にわたり開催されます。

2013年にスタートし今年で6回目を迎えるこのイベント。今年は「開け、KOUBA!この秋、燕三条の真髄を体感する」のテーマのもと、109拠点のKOUBA(工場/耕場/購場)が開放されます。

「工場(KOUBA)」は、高いステンレス加工技術で世界から認められる大泉物産など93社が参加。農業を営む「耕場(KOUBA)」としては、モーツァルトが流れる“名曲果樹園”として知られる渡辺果樹園など8社が参加します。

KOUBAでつくられたアイテムを販売する「購場(KOUBA)」は、包丁や斧、キャンプ用品などを販売している山谷産業など8社が参加し、魅力的なアイテムを数多く販売します。

3つのKOUBAを巡り、ものづくりの現場で働く人々と触れ合い、見学、体感できるイベントです。

オフィシャルイベント「産地の祭典」や工場見学、ワークショップなど盛りだくさんの内容

10月5日(金)から8日(月祝)までの4日間※は、オフィシャルイベント「産地の祭典」を開催。金沢市の「セコリ荘 金沢」やスイスの「スイス デザイン キオスク」など、日本全国、世界各地に点在する様々な産地の今を、産品の販売やトークイベント、ワークショップなどを通して体感できます。

※「燕三条 工場の祭典」とは開催期間が異なりますのでご注意ください。

その他、盆栽作りや鉈の鋼付け実演、味噌仕込み体験など、各工場が趣向をこらしたワークショップ。工場の見学ツアーや、個性豊かなガイドたちが案内するオフィシャルバスツアーなど、子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさん。

工場の様子

3つのKOUBAの人たちや商品と触れ合い、日本のものづくりの魅力を感じるよい機会です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【開催期間】2018年10月4日(木) – 10月7日(日) 9:00-17:00 (*12:00-13:00を除く)
【開催場所】新潟県三条市・燕市全域 及び 周辺地域
【アクセス】
・電車/新幹線にて: 上越新幹線・JR弥彦線「燕三条駅」下車
またはJR越後線・弥彦線・信越線の開催地域内の各駅下車
「燕三条駅」から「三条ものづくり学校」まで臨時バスを運行(※便数に限りがあります。)
・お車にて: 関越道「三条燕IC」出口
【参加費】無料
【公式URL】http://kouba-fes.jp

過去のレポート

2017年イベントレポート

ものづくりの熱気に触れる、「燕三条 工場の祭典」へ出かけてみよう!

2017年 工場の祭典

2016年イベントレポート

開け、KOUBA!産地を味わう秋の4日間「燕三条 工場の祭典」

工場の祭典 2016
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る