さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

2020年はリーチポタリー開窯100周年!縁の深い益子町で記念事業がスタート

投稿日: 2020年2月21日
産地: ニュース
  • LINE
益子×セントアイヴス100年祭

益子×セントアイヴス100年祭

※こちらのイベントは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、延期が決定しています。 (2020年4月8日更新)

【開催日】2020年5月25日(月)~11月8日(日)
【会場】栃木県芳賀郡益子町
 ※公式サイトは来年度にオープン予定です。

益子焼の陶芸家で人間国宝の濱田庄司は、近現代の日本を代表する陶芸家のひとり。2020年は、濱田庄司がイギリスを代表する陶芸家で友人でもあるバーナード・リーチとともに、イギリスの港町セントアイヴスに西洋初の東洋式登り窯「リーチポタリー」を築いて100年目にあたります。

その節目の年を記念して、濱田庄司と縁の深い益子町で「益子×セントアイヴス100年祭」と銘打った記念事業が2020年5月25日から11月8日まで開催されます。

益子×セントアイヴス100年祭

濱田庄司とバーナード・リーチの横顔がモチーフとなっているロゴ

6カ月間にわたり多彩なイベントが目白押し

約6ヵ月間の期間中、益子町ではさまざまなイベントが行われます。

益子陶芸美術館の特別企画展や濱田庄司記念益子参考館の企画展、益子町と交流のあるイギリスの作家作品の展示販売などを開催。益子町内のカフェやレストランでは、濱田庄司ゆかりのメニューやセントアイヴスで親しまれている料理が提供されます。

また、9月には益子の伝説的マルシェ「ましこ市」が7年ぶりに復活。益子焼の展示販売はもちろん、陶芸文化を知るための講演会やトークショーも企画されています。来年度には公式サイトがオープンするそうなので要チェックです。

2人の青年が夢を抱いてイギリスのセントアイヴスへ渡ってから100年。窯業は、日本とイギリス、それぞれの地で発展してきました。「益子×セントアイヴス100年祭」では、2人の友情の軌跡とそれぞれの窯業の歴史をたどることができます。

興味深いイベントが目白押しで、何度も足を運びたくなりますね。

益子×セントアイヴス100年祭

【開催日】2020年5月25日(月)~11月8日(日)
【会場】栃木県芳賀郡益子町
 ※公式サイトは来年度にオープン予定です。
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る