さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ポーラ伝統文化振興財団40年の集大成。伝統文化を「体感」できる展覧会が銀座で開催

  • LINE
ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

【会期】2020年1月18日(土)~2月16日(日)※会期中無休
【会場】ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
【開館時間】11:00~20:00(入場は19:30まで)
【入場料】無料
【問い合わせ】公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
【公式ホームページ】https://www.mukei.art/

東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックス にて、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団の設立40周年を記念した展覧会「無形にふれる」が、2020年1月18日(土)~2月16日(日)に開催されます。

これまで、日本の優れた「伝統工芸」「伝統芸能」「民族芸能」の3分野において、無形の伝統文化を次世代につなぐ活動を行ってきた公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団。今回の展覧会は、その40年にわたる活動の集大成といえる展覧会です。

無形の伝統文化を「12感覚」で感じる展覧会

格調高い、由緒正しい、厳か、難しい‥‥など、人によってさまざまなイメージがある伝統文化。

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

「有福神楽保持者会」© Yayoi Arimoto

本展覧会では、こういった従来の伝統文化のイメージを解体して、それぞれの伝統文化ごとにテーマを設定。

デザイン的なアプローチで再構築し、単に「見る」だけではなく、思想家ルドルフ・シュタイナーの「12感覚」を手掛かりに「体感」できる仕掛けが用意された展覧会です。

シュタイナーの「12感覚」とは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感にくわえて、熱感覚、運動感覚、平衡感覚、生命感覚、言語感覚、思考感覚、自我感覚。持てる感覚を総動員して感じる伝統文化の魅力は、きっとこれまでにない驚きを与えてくれるでしょう。

たとえば、伝統工芸の加賀象嵌(かがぞうがん)の展示では、伝統技法で制作された金工作品に直接触れることができ、金属が奥底から放つ光を肌で感じることができます。そのほかの展示についても、公式サイトで随時見どころが紹介されていきますので、ぜひチェックしてみてください。

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

「中川衛 加賀象嵌」© Madoka Akiyama

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

「見附正康 九谷赤絵」© Yayoi Arimoto

出展者は「伝統工芸」「伝統芸能」「民俗芸能」の第一線で歴史ある伝統に向き合う、加賀象嵌と九谷赤絵、能と京舞、鬼剣舞と有福神楽の6件の担い手たち。また、1月19日(日)には、伝統工芸「加賀象嵌」の人間国宝・中川衛氏によるトークイベントも開催されます。

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

「井上安寿子 京舞井上流」© Madoka Akiyama

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

「岩崎鬼剣舞保存会」© bozzo

出展者の詳細はこちら

時代を超えて受け継がれてきた伝統文化の魅力を体感する新たな試み。この冬、ぜひ足を運んでみたい展覧会です。

ポーラ伝統文化振興財団 40周年記念展「無形にふれる」

【会期】2020年1月18日(土)~2月16日(日)※会期中無休
【会場】ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
【開館時間】11:00~20:00(入場は19:30まで)
【入場料】無料
【問い合わせ】公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
【公式ホームページ】https://www.mukei.art/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る