さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

世界に誇る九谷焼の産地から魅力を発信。総合芸術祭KUTANism初開催!

投稿日: 2019年9月13日
産地: ニュース
  • LINE
総合芸術祭KUTANism

総合芸術祭 KUTANism

【会期】2019年9月6日(金)~10月14日(祝・月)
【開催地】石川県小松市 能美市
【主催】クタニズム実行委員会
【事務局】〒923-8650 石川県小松市小馬出町91(小松市観光文化課内)
【公式サイト】https://kutanism.com/
【お問い合わせ】info@kutanism.com

九谷焼の産地である石川県小松市と能美市による、九谷焼の魅力を世界に向けて発信する総合芸術祭「KUTANism」が開催されます。

クタニズムの5つの見どころ

北陸新幹線が石川県金沢市から県南部の加賀地方・福井県に延伸開業する2023年は加賀立国1200年にあたる年でもあり、これは加賀地方に位置する小松市と能美市にとっても大きな節目となります。

そこで同市らは、このタイミングを世界に羽ばたくチャンスととらえ、同市らが産地となっている“九谷焼/KUTANI”の世界発信と地域ブランド化に向けて様々な取り組みを進めています。

総合芸術祭KUTANism 展覧会「九谷の現在(いま)」

その一環であるこのイベントは、展覧会「九谷の現在(いま)」、九谷焼と食を味わう「九谷饗宴」、ガイドツアー「九谷さんぽ」、シンポジウム「KUTANIと加賀國1200年」、新たなアプローチでの製品化を試みる「KUTANI FOR YOU」の5つのコンテンツで構成されています。

1. 展覧会「九谷の現在(いま)」

展覧会「九谷の現在(いま)」は、表現性を追求した作家たちと伝統や技術を継承しつつも新たな価値創造に挑む作家たちという2つの異なるコンセプトで構成されています。「表現する九谷」と「継承する九谷」、それぞれの切り口から魅力を探っていきます。

2. 料理人と九谷焼作家のセッション「九谷饗宴」

総合芸術祭KUTANism 「九谷饗宴」

「九谷饗宴」では、国内外で腕を磨いた料理人と九谷焼作家による九谷焼の産地でしかできない1日限りのコラボレーションランチ・ディナーと、石川・福井の飲食店が逸品を持ち寄る屋台イベントが楽しめます。

3. ガイドツアー「九谷さんぽ」

「九谷さんぽ」では、養成講座を受けた学生ボランティアとともに、浅蔵五十吉美術館またはCERABO KUTANIを起点に九谷焼の産地を巡り歩きます。

総合芸術祭KUTANism 「九谷さんぽ」

4. シンポジウム「KUTANIと加賀國1200年」

シンポジウム「KUTANIと加賀國1200年」では、九谷焼作家や識者が「九谷焼/KUTANI」を地域ブランドとしていかに世界に発信するべきかの方向性を展望します。

5. 新しい製品化プロジェクト「KUTANI FOR YOU」

「KUTANI FOR YOU」では、進歩著しい情報通信技術を生産現場に取り入れるなど新たなアプローチやシステムの提案が行われます。初年度はKUTANismのLINE公式アカウントで作品画像にイニシャルを刻印した壁紙を作成できるコンテンツが展開されます。

総合芸術祭KUTANism 「KUTANI FOR YOU」

ほかにも、九谷焼店舗がテント出店を行う「九谷陶芸村まつり」、夜の静寂の中で作品を鑑賞できる「KUTANIナイトミュージアム」や、九谷焼アクセサリーの販売など関連イベントが盛りだくさんです。

是非、九谷焼の魅力を堪能しにお出かけください。

総合芸術祭 KUTANism

【会期】2019年9月6日(金)~10月14日(祝・月)
【開催地】石川県小松市 能美市
【主催】クタニズム実行委員会
【事務局】〒923-8650 石川県小松市小馬出町91(小松市観光文化課内)
【公式サイト】https://kutanism.com/
【お問い合わせ】info@kutanism.com
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る