さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

人魚、天狗、河童。不思議な生きものに出会える特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」が開催

投稿日: 2019年9月9日
産地: ニュース
  • LINE
驚異と怪異――想像界の生きものたち

特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」

【会期】2019年8月29日(木)~11月26日(火)※期間中一部展示替えあり
【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】水曜日
【会場】国立民族学博物館 特別展示館(大阪府吹田市千里万博公園10番1号)
【観覧料】一般880円/大学生450円/高校生以下無料
※各種割引あり。詳しくは公式サイトをご覧ください ※本館展示も観覧可能
【問い合わせ】国立民族学博物館 TEL:06-6876-2151
【公式サイト】http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20190829kyoui/index

人魚、龍、河童、天狗、狼男…人はなぜ “この世ならぬもの” に魅かれるのか?

その答えが見つかるかもしれない特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」が、大阪府吹田市の国立民族学博物館で11月26日(火)まで開催されています。

世界各地から霊獣・幻獣・怪獣が大集合!

洋の東西を問わず、今も昔も人間は「奇妙で怪しい」「不気味だけどかわいい」そんな不思議な生きものを思い描き、形にしてきました。

驚異と怪異――想像界の生きものたち

仮面(悪魔)(メキシコ) 国立民族学博物館蔵 撮影:大道雪代

驚異と怪異――想像界の生きものたち

仮面(クモ)(メキシコ) 国立民族学博物館蔵 撮影:大道雪代

本展では、世界各地の人々が命を吹き込んだ霊獣・幻獣・怪獣たちのさまざまな造形物が展示されています。また、現代のアーティスト・漫画家・ゲームデザイナーたちによるクリーチャー制作も紹介。約630点もの資料を基に、人間の想像力と創造力の素晴らしさに迫る展覧会となっています。

驚異と怪異――想像界の生きものたち

アメリカワシミミズクのカチーナ人形(アメリカ合衆国) 国立民族学博物館蔵 撮影:大道雪代

驚異と怪異――想像界の生きものたち

影絵人形(中国) 国立民族学博物館蔵 撮影:大道雪代

展覧会は二部構成で、第一部の「想像界の生物相」では、不思議な生きものたちを水・天・地の各セクションに分けて紹介。第二部の「想像界の変相」は、驚異や怪異がどのように、人間に創作のインスピレーションを与えてきたかを探る内容で、どちらも見応え十分です。

驚異と怪異――想像界の生きものたち

トゥピラク(グリーンランド) 国立民族学博物館蔵 撮影:大道雪代

驚異と怪異――想像界の生きものたち

人魚のミイラ ライデン国立民族学博物館 Collection Nationaal Museum van Wereldculturen. Coll.no. RV-360-10410

驚異と怪異――想像界の生きものたち

人形魚の引き札(江戸後期、日本) 国立民族学博物館蔵

講演会やワークショップなど関連イベントが目白押し

また、今回の特別展に合わせてさまざまな関連イベントが企画されています。

講演会やシンポジウム、映画会、研究者と直接話せるウィークエンド・サロンのほか、日本の「怪異」を求めて1泊2日で広島と島根を訪れる体験セミナーや館外施設で行われる落語など盛りだくさん。

11月には、小学5・6年生を対象とした、音を使ってイマジネーションを膨らませるワークショップも企画されており、親子で訪れても楽しめそう!

世界中の不思議な生きものたちに出会える特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」は11月26日(火)まで。ぜひ訪れてみてください。

特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」

【会期】2019年8月29日(木)~11月26日(火)※期間中一部展示替えあり
【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】水曜日
【会場】国立民族学博物館 特別展示館(大阪府吹田市千里万博公園10番1号)
【観覧料】一般880円/大学生450円/高校生以下無料
※各種割引あり。詳しくは公式サイトをご覧ください ※本館展示も観覧可能
【問い合わせ】国立民族学博物館 TEL:06-6876-2151
【公式サイト】http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20190829kyoui/index
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る