さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

中川政七商店 × 茶論、初の一体型店舗が大阪に登場

投稿日: 2019年8月13日
産地: ニュース
  • LINE
中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

【住所】大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館8F
【営業時間】中川政七商店 10:00~20:30
茶論 10:00~21:00(稽古)、10:00~20:30(見世)
【オープン日】2019年9月20日(金)
【定休日】館に準ずる
【HP】
中川政七商店:https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/default.aspx
茶論:https://salon-tea.jp/

創業300年を越える奈良の老舗、株式会社中川政七商店の社名を冠した生活雑貨ブランド「中川政七商店」の新店舗が、今秋グランドオープンする「大丸心斎橋店 本館」に9月20日(金)に開店します。

今回オープンする大丸心斎橋店は、同社のグループ会社である株式会社道艸舎(みちくさや)が展開する茶道ブランド「茶論(さろん)」を併設した初の一体型店舗。300年の歴史を持つ老舗ならではの目利きが光る暮らしの道具と、テーブルスタイルの新しい茶道が一度に楽しめる空間となります。

ここが楽しい!心斎橋店3つのみどころ

1.約1,500点の暮らしの道具が勢ぞろい
台所の道具や季節のしつらい、服飾小物など、日本の工芸をベースにした美しく機能的な暮らしの道具を約1,500点展開。注染手拭いや真鍮の靴べらなど、地元・大阪で作られた品々も並びます。
また、季節の移ろいにあわせた“お茶としつらい”を楽しむことができるのも大丸心斎橋店ならでは。秋はほうじ茶と紅葉飾り、冬は大福茶とお正月飾り…など、お茶と歳時記のある暮らしを提案してくれます。

中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

2.テーブルスタイルで楽しく学ぶ茶道と気軽なワークショップ
併設する「茶論」では、テーブルスタイルで行う茶道の稽古が受けられます。
用意された初級・中級・上級の3つのコースは茶人・木村宗慎氏が監修。茶道の歴史から点前まで、自由なスタイルでありながら本格的に学ぶことができます。また、当日参加できるワークショップも開催予定。気軽にお茶を点てることができ、日本人はもちろん海外からの旅行者にも人気が出そうです。

中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

3.大丸心斎橋店だけの特別な道具
大丸心斎橋店だけの商品ラインアップにも注目。まずは、1717年創業「大丸」の象徴であるピーコックレリーフをイメージした鮮やかな青緑色の湯呑。同店の限定商品で、重ねてしまえる機能性が嬉しい一品です。
そのほか、「茶論」オリジナルの茶道具や同店先行発売の「茶論シャツ(紺)」をはじめ、隅切銘々皿や拭き漆の菓子切など、日本の暮らしに根差した道具が揃います。

中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

重ねてしまえる常滑焼の湯呑(大丸心斎橋店限定色)

“暮らしの道具”と“茶道文化の入り口”が一度に味わえる大丸心斎橋店。日本の歳時記やおもてなしの心が随所に散りばめられた空間を、ぜひ体感してみてください。

中川政七商店 大丸心斎橋店・茶論 心斎橋店

【住所】大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館8F
【営業時間】中川政七商店 10:00~20:30
茶論 10:00~21:00(稽古)、10:00~20:30(見世)
【オープン日】2019年9月20日(金)
【定休日】館に準ずる
【HP】
中川政七商店:https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/default.aspx
茶論:https://salon-tea.jp/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る