さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

北海道の人々はなぜ「木彫り熊」をつくったのか。その歴史に迫る展覧会開催

投稿日: 2019年8月19日
産地: ニュース
  • LINE
白老の木彫り熊とその考察展

白老の木彫り熊とその考察展

【会期】2019.9/7(土)~9/23(月/祝) ※9日・17日休館
【時間】9:30~16:30
【会場】仙台藩白老元陣屋資料館、haku hostel
北海道白老郡白老町陣屋町681-4
【入館料】300円 / 小・中学生150円(元陣屋資料館のみ)
【公式サイト】https://tobiu.com/events/0833
【お問い合わせ】仙台藩白老元陣屋資料館
TEL:0144-85-2666
e-mail:jinya@town.shiraoi.hokkaido.jp

北海道白老町の木彫り熊にスポットを当てた展覧会が開催されます。

地域の一大産業・木彫り熊

北海道土産の代名詞として、かつて旅行客がこぞって買い求めた「木彫り熊」。

白老町でも木彫り熊は町の一大産業で、函館や札幌、旭川、阿寒、稚内方面の土産物店まで卸に走ったとの証言もあります。

また、全盛期には町内に300名以上の彫り師がいて、毛彫りアルバイトや民芸品店関係者なども含めれば1000人ほどの人が関わっており、民芸品店も90軒ほどあったと言われています。

作品を眺めつつ、当時の町の匂いも感じて

同展覧会では、木彫り熊の展示を行うとともに、現代の・またはかつての職人など関係者らから聞き取りを重ねて得られた成果を元に、時代背景や町の雰囲気などを丁寧に拾い上げて紹介する展示を行っています。

木彫り熊を巡る人々のエネルギーを感じられる展覧会です。

白老の木彫り熊とその考察展

【会期】2019.9/7(土)~9/23(月/祝) ※9日・17日休館
【時間】9:30~16:30
【会場】仙台藩白老元陣屋資料館、haku hostel
北海道白老郡白老町陣屋町681-4
【入館料】300円 / 小・中学生150円(元陣屋資料館のみ)
【公式サイト】https://tobiu.com/events/0833
【お問い合わせ】仙台藩白老元陣屋資料館
TEL:0144-85-2666
e-mail:jinya@town.shiraoi.hokkaido.jp
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る