さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

人間国宝・金城次郎の技を継ぐ作家、金城秀義のやちむん展が大丸京都店で開催

投稿日: 2019年7月9日
産地: ニュース
  • LINE
金城秀義 作陶展 舞魚

金城秀義 作陶展 舞魚

【日時】2019年7月10日(水)~7月23日(火) 10時~20時
【作家在廊日】2019年7月13日(土)~7月15日(月)
【会場】大丸京都店6階美術画廊(京都市下京区四条高倉西入)
【お問い合わせ】クラフトウェア南城 事務局
TEL:070-5401-6071
E-mail:craftfairnanjyo@gmail.com
【陶房公式ブログ】https://hidetoubou.ti-da.net/

人間国宝・金城次郎氏の一門である金城秀義氏による作陶展が大丸京都店で開催されます。

金城秀義氏 制作の様子

南国情緒ただよう「壺屋焼」

金城氏の所属する金城一門が手掛ける作品は、沖縄の焼き物である「やちむん」の一種・壺屋焼であり、琉球王国時代から続く伝統工芸です。

金城秀義氏の作品

金城氏は、金城一門の伝統の技「線彫り」を継承しつつも常に新たな表現を追求しています。

モチーフとしては魚や海老など海の生き物を中心に扱い、躍動感や生命感にあふれる絵柄と南国らしい鮮やかな色使いが特徴的です。

金城秀義氏の作品

沖縄の自然とともに

そんな作品たちは、沖縄県南城市玉城の海の見える静かな場所に構えられた陶房で生み出されており、自然の空気が詰め込まれているかのようです。

金城秀義氏の作品 やちむん壺屋焼

本作陶展では作品を購入することもできますので、夏に味わうにはぴったりの作品たちに出会い、触れてみてください。

また、作家在廊日には伝統の技の実演が行われますので、技術面に興味のある方は是非そちらもチェックしてみてください。

金城秀義 作陶展 舞魚

【日時】2019年7月10日(水)~7月23日(火) 10時~20時
【作家在廊日】2019年7月13日(土)~7月15日(月)
【会場】大丸京都店6階美術画廊(京都市下京区四条高倉西入)
【お問い合わせ】クラフトウェア南城 事務局
TEL:070-5401-6071
E-mail:craftfairnanjyo@gmail.com
【陶房公式ブログ】https://hidetoubou.ti-da.net/
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る