さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

累計来場者数31万人を突破!雅叙園東京の夏の人気企画、和のあかり展が開催

投稿日: 2019年6月27日
産地: ニュース
  • LINE
和のあかり展

前回(2018年)の展示風景_頂上の間

和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~

【開催日】2019年7月6日(土)~9月1日(日)
【開館時間】日~木曜日/10:00~17:00(最終入館16:30)
金・土曜日および、8月11日~18日/10:00~20:00(最終入館19:30)
※8月10日(土)は17:00まで
※全作品写真撮影可能(三脚・フラッシュ・商用撮影NG)
【会 場】ホテル雅叙園東京(東京都指定有形文化財「百段階段」)
【入場料】当日1,600円、前売1,300円、特別前売1,100円(館内および公式オンラインチケット ※7月5日まで)/大学生・高校生1,200円/中学生・小学生600円
※要学生証呈示、未就学児無料
※その他、各種特別チケットあり
【公式サイト】https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2019

ホテル雅叙園東京の夏の人気企画「和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~」が、今年も7月6日(土)~9月1日(日)まで、同ホテル内の「百段階段」にて開催されます。

東京都指定有形文化財「百段階段」とは?

1935年に建てられた「百段階段」は、ホテル雅叙園東京に現存する唯一の木造建築。螺鈿(らでん)細工や障子建具など随所に見られる職人の技と、日本画や彫刻など当時の著名な芸術家たちによる絢爛豪華な装飾が特徴です。

和のあかり展

日本美を体現したかのような美しさは、かつて“昭和の竜宮城”と呼ばれた目黒雅叙園の名残を伝えており、2009年3月に東京都の有形文化財に指定されています。

今年の見どころはこの3つ!

5回目の開催となる今回は、北は青森から南は鹿児島まで約40の個人・団体が出展します。
※出展作家・団体はこちら

<見どころ1:懐かしさと新しさが融合する展示構成>

誰もが心の中に持つ懐かしい原風景を、今回初登場の竹あかりアートや空間全体を色彩で包み込むランタンなど、さまざまなあかりを使って表現します。また、本展のために制作されたサンドアートの映写など新しい試みも。

和のあかり展

長崎ランタンフェスティバル(イメージ)

和のあかり展

サンドアートデュオ emullenuett(イメージ)

<見どころ2:伝統技法を新たな感性で表現するMade in Japan の世界>

伝統の職人技と現代デザイナーがコラボレーションした工芸品、夏の風物詩である江戸風鈴、手漉き和紙とあかりを組み合わせた作品などを紹介。文化財とあわせて展示することで、世界に誇る日本美を体感できます。

和のあかり展

江戸風鈴(イメージ)

<見どころ3:人気作品が再登場&写真映えする空間>

ウエルカムねぶたや金魚ちょうちんなど、過去の展示で特に人気の高かったアート作品が再登場します。また、和傘や切り絵、いけばなによる空間アートは幻想的な美しさ。写真を撮りたくなること間違いなしです。

和のあかり展

青森ねぶた(イメージ)

限定スペシャルチケットやコラボレーション企画も

今回初の試みとして、写真撮影にこだわる人におすすめの限定スペシャルチケット(日時指定・定員制)が販売されます。20名の定員制なので撮影しやすく、自慢したくなるベストショットが撮れるはず!

また、ホテル雅叙園東京の夏の風物詩でもある浴衣プラン(食事付)と「和のあかり展」の鑑賞がセットになったコラボレーション企画も登場。子ども用の浴衣も用意されているので、ご家族で参加するのも楽しいですね。また、開催期間中は、ペアディナー券が当たるインスタグラムキャンペーンも実施されます。

和のあかり展

日本美術と伝統工芸の粋を集めた文化財「百段階段」で、あかりとアート作品の幻想的なコラボレーションを楽しむ夏、おすすめです。

和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~

【開催日】2019年7月6日(土)~9月1日(日)
【開館時間】日~木曜日/10:00~17:00(最終入館16:30)
金・土曜日および、8月11日~18日/10:00~20:00(最終入館19:30)
※8月10日(土)は17:00まで
※全作品写真撮影可能(三脚・フラッシュ・商用撮影NG)
【会 場】ホテル雅叙園東京(東京都指定有形文化財「百段階段」)
【入場料】当日1,600円、前売1,300円、特別前売1,100円(館内および公式オンラインチケット ※7月5日まで)/大学生・高校生1,200円/中学生・小学生600円
※要学生証呈示、未就学児無料
※その他、各種特別チケットあり
【公式サイト】https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2019
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る