さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
さんちのお土産

【奈良のお土産】森奈良漬店の壺入り「きざみ奈良漬」

投稿日: 2017年1月18日
  • LINE

こんにちは、さんち編集部の尾島可奈子です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんへのお土産にプレゼント、ご紹介する “さんちのお土産”。第4回目は清酒発祥の地、奈良のお土産です。

清酒発祥の地と言われる奈良で、酒粕に瓜を漬け込んだお漬物が商品として売られるようになったのは江戸末期のことだそうです。その名も「奈良漬」。奈良のお土産の定番ですね。奈良漬を買えるお店は何軒もありますが、東大寺南大門前にお店を構える森奈良漬店は1869年(明治2年)創業の奈良漬の老舗です。お店の前は東大寺への行き帰りの人と鹿せんべいを追い求める鹿で絶えず賑わいます。

悠然と鹿が通る東大寺南大門前の店構え。

悠然と鹿が通る東大寺南大門前の店構え。

森奈良漬店の奈良漬は、直接もしくは契約栽培の野菜・果物のみを使用。酒粕と天然塩だけという潔い味付けは、お酒の味がしっかりと効いて地元ファンも多いのです。中でもおすすめしたいのは酒粕を洗いおとさずにそのまま食べられる「きざみ奈良漬」。コンパクトな紙袋入りもありますが、どっしりとした丹波立杭焼(たんばたちくいやき)の壺入りは目上の方へのお土産やちょっとしたご挨拶にも喜ばれそうです。お酒好きの方なら奈良の地酒と一緒に晩酌セットで、、なんて楽しい組み合わせかもしれません。定番を押さえながらちょっと話のタネにもなる奈良のお土産に、おすすめです。

パッケージに描かれた壺の姿も愛らしい。230g入り1080円(税込)

パッケージに描かれた壺の姿も愛らしい。230g入り1080円(税込)

ここで買いました。

森奈良漬店
奈良県奈良市春日野町23
0742-26-2063
https://www.naraduke.co.jp/


さんちのお土産をお届けします

読者のみなさまの中から抽選で1名さまにさんちのお土産 “森奈良漬店の壺入り「きざみ奈良漬」” をプレゼント。 お問い合わせフォームから、件名に「さんちのお土産 “森奈良漬店の壺入り「きざみ奈良漬」” 」、本文に住所・氏名・年齢・ご職業・お電話番号・「さんち〜工芸と探訪〜」のご感想を明記の上、ご応募ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 いただきました個人情報は、お土産の発送以外には使用いたしません。 ご応募、当選に関するお問い合わせにはお答えできかねますので予めご了承ください。

文:尾島可奈子
写真:木村正史
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る