さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり

フィリップ・ワイズベッカーが旅する たった一刀で形づくる、木彫りの亥を求めて

  • LINE

日本全国の郷土玩具のつくり手を、フランス人アーティスト、フィリップ・ワイズベッカーがめぐる連載「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」。

いよいよ最終回となる連載12回目は、亥年にちなんで「奈良一刀彫りの亥(イノシシ)」を求め、奈良の大林杜寿園を訪ねました。それでは早速、ワイズベッカーさんのエッセイを、どうぞ。

──────────────────────────────────────

奈良のせんとくん

亥に会うため、奈良に来た。 いったい何処に隠れているのだ?鹿の存在は、あちこちにあるが。

横断歩道を渡っている鹿

横断歩道にて。

奈良の道路に描かれた鹿のマーク

道路上にて。

鹿をかたどった彫刻

私たちが訪ねた一刀彫り職人の工房のウインドーにまで‥‥。たまげた!

職人

あぁ、やっと!亥が現れた!

職人は、すでに作業にとりかかっている。 一刀彫りという技術で、楠の塊を彫っている。

一刀彫りで作られた木の犬と道具

しかしこれはデモンストレーション用で、実のところ、今は戌を制作中だという。

犬の写真

この写真がお手本になっているということか。ふむ‥‥。

干支の木彫り人形

板の上に並べられたのは、戌、亥、そして干支の仲間たちだ。

訪問は終わった。私の眼差しは、あちらこちらをさまよい、止まる。

お茶会の様子

鹿(そして亥)の国の訪問の後は、中川政七商店本社での忘れがたいお茶会だった。

──

文・デッサン:フィリップ・ワイズベッカー
写真:フィリップ・ワイズベッカー、貴田奈津子
翻訳:貴田奈津子


Philippe WEISBECKER (フィリップ・ワイズベッカー)
1942年生まれ。パリとバルセロナを拠点にするアーティスト。JR東日本、とらやなどの日本の広告や書籍の挿画も数多く手がける。2016年には、中川政七商店の「motta」コラボハンカチで奈良モチーフのデッサンを手がけた。作品集に『HAND TOOLS』ほか多数。
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る