さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

住宅街にひっそりと佇む、予約必須の蕎麦の名店

  • LINE

予約必須の蕎麦の名店は、奈良町から少し南に入った住宅街にある。目的を持って来ないとなかなかたどり着けない立地は、つなぎなしの石臼挽き蕎麦ゆえに、1日に作れる量が限られるため。30年近く、ご主人の島崎さんが毎日早朝よりゆっくりと手挽きする蕎麦は、その分摩擦熱で風味を逃がすことがなく、すすった時に鼻に抜ける香りが力強い。「音を立てて蕎麦をすするのには理由があるんですよ」との島崎さんのおすすめ通り、遠慮せずに音を立てて、香りごと味わいたい。蕎麦の他にぜひ食べたいのがもちもちの「そばがき」。「まだ何もわかっていないから」と語る島崎さんのあくなき探求心の込もった献立の数々は、ぜひサイドメニューも合わせて楽しみたい。

水そばはまずはそのまま、次に水、塩、梅、の順で食べるのがご主人のおすすめ

水そばはまずはそのまま、次に水、塩、梅、の順で食べるのがご主人のおすすめ

殻ごと挽いている田舎そばは、風味がわかりやすいのでまずは岩塩で頂くのがおすすめとのこと。

殻ごと挽いている田舎そばは、風味がわかりやすいのでまずは岩塩で頂くのがおすすめとのこと。

湯気を立てて運ばれてくる、透き通ったそばがきは、もちもちで噛むほどに味 わいが増す。まずはそのままで食べてみよう。

湯気を立てて運ばれてくる、透き通ったそばがきは、もちもちで噛むほどに味 わいが増す。まずはそのままで食べてみよう。

二つの庭に挟まれ明るい日差しの差し込む店内。

二つの庭に挟まれ明るい日差しの差し込む店内。

写真:木村正史

所在地:奈良県奈良市福智院町23-2
TEL:0742-27-6868
■営業時間:
昼の部 火~土 11:30~13:30(L.O.13:00)
夜の部 火~金 18:00~21:00(L.O.19:00)
■定休日:土曜の夜・日・月
■駐車場:なし
■備考
昼のメニュー 各20食限定
田舎そば 1,000円(税別)
水そば 1,200円(税別)
そばがき 1,200円(税別) 他
夜のメニュー 1日2組限定
完全予約制のコース料理「蕎麦遊膳」10,000円(税・サ別)
(2016年11月現在)
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る