さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
「さんち」がおすすめする季節の贈りもの

3月14日に贈る 奈良を描くハンカチ

投稿日: 2017年3月10日
編集:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の杉浦葉子です。

たとえば1月の成人の日、5月の母の日、9月の敬老の日‥‥日本には誰かが主役になれるお祝いの日が毎月のようにあります。せっかくのお祝いに手渡すなら、きちんと気持ちの伝わるものを贈りたい。この連載では毎月ひとつの贈りものを選んで、紹介していきます。

連載第3回目のテーマは「ホワイトデーに贈るもの」。2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらった男性は、そろそろお返しの準備ができたころでしょうか。ホワイトデーの起源が、実は日本のお菓子屋さんが考案した文化だったという説は、先日3月6日の記事でお話しましたが、定番の贈りもの「マシュマロ」だけでなく、今年はちょっと特別なハンカチを贈ってみるのはいかがでしょうか。

パリ万博から、88年の時を経て生まれたハンカチ

1925年、奈良で麻を扱ってきた中川政七商店の10代中川政七が、フランス・パリで開催された万国博覧会に「鳥草木紋」の手刺繍をほどこした手織り麻のハンカチーフを出展しました。それから88年の時を経て、2013 年にデビューしたハンカチブランド「motta(モッタ)」 は、幼いころ玄関先で耳にしていた「ハンカチ、持った?」という決まり文句からスタート。「肩ひじはらないハンカチ」をコンセプトに、素材の持つ自然なシワ感を大切にしたハンカチ「motta」は、手を拭き、汗を拭き、ときには涙をぬぐってくれる頼りがいのある布。誰もが親しみやすく使いやすい、日常使いのハンカチです。

1925年のパリ万博に出展した、手織り麻に「鳥草木紋」の手刺繍を施したハンカチーフ。

1925年のパリ万博に出展した、手織り麻に「鳥草木紋」の手刺繍を施したハンカチーフ。

2013年にデビューしたハンカチブランド「motta」のハンカチ。素材の持つ自然なシワ感を生かした商品を展開しています。

2013年にデビューしたハンカチブランド「motta」のハンカチ。素材の持つ自然なシワ感を生かした商品を展開しています。

フィリップ・ワイズベッカーが描いた奈良を贈る

「motta」の起源、1925年の万博開催地であるパリを中心に活躍するアーティスト、フィリップ・ワイズベッカー氏と、「motta」がコラボレーションしたハンカチがこの3月に発売されました。日本でも人気の高いワイズベッカー氏が、「motta」のために描いたのは奈良の風景です。

奈良と言えば、の「鹿」。奈良の伝統工芸である一刀彫の鹿をモチーフにしています。

奈良と言えば、の「鹿」。奈良の伝統工芸である一刀彫の鹿をモチーフにしています。

歴史ある建築物「五重塔」も、ワイズベッカー氏の手にかかればこのとおり。

歴史ある建築物「五重塔」も、ワイズベッカー氏の手にかかればこのとおり。

ちょうど3月のこの時期、東大寺二月堂で行われるお水取りに使われる椿の造花「のりこぼし」をモチーフに。

ちょうど3月のこの時期、東大寺二月堂で行われるお水取りに使われる椿の造花「のりこぼし」をモチーフに。

ワイズベッカー氏が描いた奈良の風景は、直線的で繊細な雰囲気をまといつつも、あたたかく懐かしさを感じるタッチ。四角いハンカチながら、素材の持つシワ感を大切にしている「motta」のハンカチとも、どこか繋がるところがあるように感じます。

この企画が始まった、ちょうど1年ほど前のこと。
ワイズベッカー氏と「motta」の担当者のはじめての顔合わせ。彼は自身の名前を記したあとポケットから金定規を取り出して、その定規で名前の下にていねいに1本の直線を引いたのだそう。定規は彼が絵を描くときに使う道具。彼が1本の線に何か大切なものを込める自然な所作こそ、彼の描く絵が人々を魅了する所以かもしれません。

その後、日本に到着した原画は、風合いのある古い紙にやわらかな芯の鉛筆で描かれたであろう奈良のモチーフがそっと佇んでいました。その雰囲気を壊さないように、その魅力が伝わるように。微妙な力を調整しながら、シワ感のある「motta」の生地の上に、1枚1枚「捺染(なっせん)」という方法で染められた絵は、あたたかみのある仕上がりになっています。

ハンカチというアイテムは、いつも持ち主のすぐそばに寄り添うもの。遠くパリの地から奈良に思いを馳せて描かれたワイズベッカー氏の絵は「motta」のハンカチにのって、贈りものとしてたくさんの人の元へ届くのではないでしょうか。

「フィリップ・ワイズベッカー ×motta 」コラボレーションハンカチは、3柄6種の展開。

「フィリップ・ワイズベッカー × motta 」コラボレーションハンカチは、3柄6種の展開。

また、この発売を記念して期間限定で原画3点が展示されます。
3月は「中川政七商店 表参道店(東京)」にて。
4月は「遊 中川 本店(奈良)」にて。
※営業時間は店舗に準じます

大切な人と一緒にワイズベッカー氏の原画を楽しんだあと、このハンカチを贈る。そんなホワイトデーも素敵だな、と思うのでした。



<掲載商品>
「フィリップ・ワイズベッカー ×motta」コラボレーションハンカチ
motta011motta012

syasin_resize
Philippe WEISBECKER (フィリップ・ワイズベッカー)
パリとバルセロナを拠点にするアーティスト。1968 年から 90 年代まで N.Y.に在住。フランス政府によるアーティスト・イン・レジデンスの招聘作家となり、4ヶ月間の京都滞在経験も。展覧会は世界の各都市で50回以上、日本ではクリエイションギャラリー G8、クラスカなど各地で開催。2014 年秋には NY のギャラリーで大規模な個展を開催。現在日本で出版されている作品集は、『INTIMACY』『104Batiments』『POBLE NOU』『ACCESSOIRES』『MARC’S CAMERAS』『HAND TOOLS』など。 http://bureaukida.com/philippe-weisbecker
文:杉浦葉子
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る