さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

老舗「あかしや」で真剣な筆選び。空海ゆかりの「奈良筆」で新年を迎える

投稿日: 2019年12月9日
編集:
  • LINE

お正月には書を見ることが多くなりますね。

筆で書かれた年賀状は、目を引きます。

日本の文化を感じるし、何より美しく、かっこいい。

自分もこんな年賀状が送れたらと憧れますし、書いた人に尊敬の念すら抱いてしまいます。

正月行事には「書き初め」もあります。

新年の抱負を、思いを込めて書く。PCやスマートフォンに打ち込むより、決意も覚悟もずっと深く、筆が表してくれそうです。

大人のたしなみとして、筆を持ってみたい。

いつかはと願うなら、それは年の改まる今かもしれません。

「“弘法は筆を選ばず”と言いますが、それは超名人の空海さん(弘法大師)ならでは。良い筆を選ぶと書が楽しくなりますよ」と語るのは、奈良筆のトップメーカー、「あかしや」の代表取締役社長、水谷豊さんです。

株式会社あかしやの代表取締役 水谷豊さん

株式会社あかしやの代表取締役 水谷豊さん

筆発祥の地で伝わる奈良筆とは

筆は飛鳥時代に中国から奈良に伝来し、作られるようになったのは平安時代。

製法を唐から奈良へ持ち帰ったのは、空海と伝わります。

代々多くの筆匠が、発祥の地で奈良筆ならではの伝統の技を磨き上げてきました。

あかしやは創業300年以上。もとは「南都七大寺」に仕える筆司(筆職人)の家でした。

奈良市に本社を構える

奈良市に本社を構える

南都七大寺とは東大寺や興福寺など、奈良(南都)で大きな勢力を持っていた寺のこと。

その筆司であるということは、はるか昔から筆のトップメーカーであったということです。

江戸中期には筆問屋として看板を上げた、老舗中の老舗です。

そのあかしやが作る奈良筆とは、日本の筆の起源にさかのぼる、国指定の伝統的工芸品です。

動物の毛を丹念に練り混ぜて

奈良筆の最大の特色は、丹念な練り混ぜ技法にあるとされています。

毛は1本1本が異なるため、筆作りに機械は使いません。

規格品を作るには、熟練した匠の手技が必要となるのです。

筆匠は高度な技で、リスやムササビ、イタチにタヌキやヒツジなど9種類にもおよぶ動物の毛を、巧みに組み合わせていきます。

たとえばリスは筆のすべりを良くし、運筆を助けるもの。イタチは柔らかで弾力があり、筆先に鋭さと粘りを兼ね備えます。

そんな個体ごとの特性から長所を引き出し、修正を繰り返し、練り混ぜることで弾力を与え、絶妙の穂先を持つ1本に仕上げるのです。

練り混ぜの作業。重ね合わせた毛をむらのないように練り合わせていく

練り混ぜの作業。重ね合わせた毛をむらのないように練り合わせていく

その技がよく分かるのが、水谷さんが「奈良筆の代表選手です」と胸を張る「円転自在」という筆です。

奈良筆

円転自在

筆には写経用、かな用、漢字用があり、さらに漢字には楷書用、草書用、行書用の三体があり、それぞれに用途も使命も異なります。

ところが「円転自在」は、五役すべてを兼ねるもの。

「練り混ぜを究め、自在に弾力を与えることで、オールマイティに使うことができるのです」

奈良筆と遊べるショールームへ

そんな「奈良筆の魅力を知ってもらいたい」と本社に併設されたショールームにお邪魔しました。

明るいショールームには、筆をはじめ、化粧筆などのオリジナル商品も多数並ぶ

明るいショールームには、筆をはじめ、化粧筆などのオリジナル商品も多数並ぶ

場所は歴史を感じさせる平城宮跡(大内裏)の近く。奈良時代の都、平城京があったところです。

「筆と遊んでもらいたい」

ここでは販売する筆の全てを見て、試して、相談して。好みの1本を選ぶことができます。

プロの書道家が選ぶハイクラスな筆から初心者向けまで。姿かたちも様々な筆が勢ぞろい。

1本あれば便利な筆ペンや、道具を吟味した「大人の書道セット」も取り揃え、筆を手にしたい人の様々な思いをかなえます。

奈良筆の歴史も学べるコーナーや、筆匠による実演見学や筆づくり体験も。

良い筆は、コシが強く穂先がよくまとまり、ストレスなく筆がすっと伸びるもの。

「筆は難しいという思いが変わります。“奈良筆体験”をして、書の喜びを知ってください」

筆のコストは原料半分、人件費半分と言われます。

同社は中国に業界初の生産拠点を築き、動物ごと、部位ごとの毛を現地で直に買い付け。高品質の毛を安定価格で仕入れる独自の仕組みを持ちます。

「コストダウンをした分、第一級の腕の良い職人さんを揃えることができ、とっておきの奈良筆を作ることができるのです」

ショールームの一番奥で作業する筆職人。間近で筆作りを拝見できる

老舗だから新しく

老舗だから新しく。これが300年間奈良筆のトップメーカーであり続けるあかしやの社風です。

筆に水を含ませると色が出る、画期的な水彩毛筆ペン「彩」を開発したのもその一つ。

水彩毛筆ペン「彩」

水彩毛筆ペン「彩」

日本の伝統色を本格的な筆で描くことができるもの。

絵手紙はもちろん、お礼状やカード、年賀状にも活躍しそうです。

「国内だけでなくヨーロッパでも好評いただいています。先のとがった筆の文化は西洋にはなく、しかも色の出る筆ペンは珍しい。中国やアジア諸国でも、これまでにない新しい筆だと喜ばれています」と水谷さん。

新商品誕生の裏には「使いやすく楽しくなければ、筆の文化は後の世に続かない」という思いがあります。

「奈良筆の伝統を守り継ぐためにも、今の時代に進化したニュー奈良筆を作りたい」

これからも、あかしやの挑戦は続きます。

新たな年に筆と仲良くなることができるでしょうか。奈良筆が頼もしい味方になってくれそうです。

<取材協力>
株式会社あかしや
奈良県奈良市南新町78番1号
0742-33-6181
http://www.akashiya-fude.co.jp


<企画展のお知らせ>

奈良の一刀彫をはじめ、筆や墨を展示販売される企画展が開催されます。

企画展「奈良の一刀彫と筆」
日時:12月18日(水)〜1月14日(火)*1月1日(水・祝)は休ませていただきます
開催場所:「大和路 暮らしの間」 (中川政七商店 近鉄百貨店奈良店内)
https://www.d-kintetsu.co.jp/store/nara/yamatoji/shop/index02.html

大和路

*企画展の開催場所「大和路 暮らしの間」について

中川政七商店 近鉄百貨店奈良店内にある「大和路 暮らしの間」では、奈良らしい商品を取り揃え、月替わりの企画展で注目のアイテムを紹介しています。

伝統を守り伝えながら、作り手が積み重ねる時代時代の「新しい挑戦」。

ものづくりの背景を知ると、作り手の想いや、ハッとする気づきに出会う瞬間があります。

「大和路 暮らしの間」では、長い歴史と豊かな自然が共存する奈良で、そんな伝統と挑戦の間に生まれた暮らしに寄り添う品々を、作り手の想いとともにお届けします。

この連載では、企画展に合わせて毎月ひとつ、奈良生まれの暮らしのアイテムをお届け。

次回は、「大和高原のお茶」の企画展より「茶園」の記事をお届けします。

文:園城和子、徳永祐巳子
写真:中井秀彦、北尾篤司
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る