さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
持ち手は、使い勝手も考えて蔓を編んで作られています。また、形だけでなく、色づくりにもこだわり独自の原料の調合で鮮やかな瑠璃色を作り出しました

古文書から「長崎チロリ」を復元した、ガラス職人の情熱

投稿日: 2018年3月4日
産地:
  • LINE

海外との玄関口として古くから発展してきた長崎。多くの海外文化が持ち込まれました。

そのひとつがガラス製品。室町時代末期の1542年、ポルトガルから伝わりました。

江戸時代、人々を魅了した「長崎びいどろ」

長崎奉行に残る記録によると、1670年には「びいどろ吹き」が長崎に存在していたことが知られています。溶かしたガラスを棹 (さお) に取り、息を吹いて成型する吹きガラスの製法です。

1000度以上の高温の窯で溶かしたガラス

1000度以上の高温の窯で溶かしたガラス

日本でつくられたガラス (和ガラス) は、「びいどろ」と呼ばれていました。ポルトガル語でガラスを意味する“Vidro”が語源です。長崎のガラス職人は、中国の技法も取り混ぜながら日本人の美意識にかなう、ガラス製品を生み出していきます。

「長崎びいどろ」の代表的な製品に、「長崎チロリ」がありました。

美しい瑠璃色と、独特の形状の「長崎チロリ」。エアコンも冷蔵庫もない江戸時代に、色と形で冷涼感を演出した冷酒用の酒器です

美しい瑠璃色と、独特の形をした「長崎チロリ」。エアコンも冷蔵庫もない江戸時代に、色と形で冷涼感を演出した冷酒用の酒器です

長崎の「びいどろ吹き」の元へ

江戸時代以降、長い間途絶えていた「長崎チロリ」を現代に復元した職人、竹田克人 (たけだ かつと) さんを訪ね、長崎のガラス工芸のお話を伺いました。

国宝「大浦天主堂」のそばに構えられた工房『瑠璃庵』代表の竹田克人さん

ガラス工房『瑠璃庵』代表の竹田克人さん

ガラス工房「瑠璃庵 (るりあん) 」は、現存する日本最古のキリスト教建築物、国宝「大浦天主堂」の近くに構えられています。

現在は、息子の礼人 (あやと) さんに長崎チロリの制作などを引き継ぎ、自身はステンドグラスの研究を行っている克人さん。大浦天主堂をはじめ、全国各地の教会のステンドグラスの修復や制作に携わっています。

工房では、吹きガラスの中でも宙吹き(ちゅうぶき)ガラスの製法を忠実に守った制作がされています。吹きガラスには、宙吹きと型吹きの2種類があります。

宙吹きは型を一切使用せず、空中で息を吹き込んで自由な形に成形する技法。熱で軟らかくなったガラスは重力によって変形してしまうので、常に吹き棹を回転させる必要があります。難しい技法ですが、自由度が高いため芸術性の高い作品に仕上げることができるのだそう。

熱してドロドロになったガラス。濡れた新聞紙を使って形を整えていきます

熱してドロドロになったガラス。濡れた新聞紙を使いながら棹を回転させ、形を整えていきます

「長崎チロリ」。ガラスをつなぎ、注ぎ口を作ります

「長崎チロリ」。ガラスをつなぎ、注ぎ口を作ります

滑りをよくしてガラス加工をスムーズに行うために、ミツロウが使われます。そのため、養蜂を行なっているガラス工房もあるのだとか

滑りをよくしてガラス加工をスムーズに行うために、ミツロウが使われます。そのため、養蜂を行なっているガラス工房もあるのだとか

長崎製のガラスが無い?!「長崎で再びガラスの火を灯す」

克人さんは、東京の学校でガラスを学び、卒業後は生まれ故郷の長崎で工房を立ち上げることを決意します。その決意の裏にはこんな経験がありました。

「もう30年以上前ですが、ガラス伝来の地である長崎の現代のガラス作りはどんなものだろう?と、地元で販売されている製品を見て歩き、その作り手を訪ねてみようと思いました。

しかし、当時長崎で販売されているガラス製品やお土産などの多くは、海外製のもので、国産であっても100%長崎で作られているものはほぼ存在しないという事実を知ることになりました。

かつて人々を魅了していた、長崎のガラス工芸に再び火を灯そうと考えました。

当時、長崎ガラスの技術文献は皆無でした。骨董品店などを回り、古文書の中からその情報を探すことから始めたんです。そうして集めた資料の中で見つけ出し、復元したのが美しい『長崎チロリ』でした」

長崎チロリ

持ち手は、使い勝手も考えて蔓を編んで作られています。また、形だけでなく、独自の原料の調合で鮮やかな瑠璃色を作り出しました

こうして復元された長崎チロリは、大きな反響を呼びました。

「全て人の手で作っていて、加工も大変なのですが、お客さんから『やっと欲しいものが見つかった!』と喜んでもらえる時はとても嬉しいですね。

盃が1つ欠けた時などに、同じものが欲しいと連絡をくださるお客さんもいます。気に入って大事に使ってもらえていることが何よりのことです」と、克人さん。

技術や情報をシェアしあう、ガラス工芸の世界

「長崎のガラス工芸が廃れてしまった背景には、よその地域の人々にも惜しみなく技術を公開する長崎の精神があったように思います。

海外からの文化が入ってくるこの地には、幕府や藩の指示を受けて日本中から学びにやってくる人たちで溢れていました。今でも『長崎の人はお人好しで道を聞かれたらその場所まで案内してくれるほど』なんて言われますが、当時も知識や技術を囲い込むことなく親切丁寧に教えてあげるという文化がありました。

技術流出につながったことは残念な面もあるかもしれませんが、そのことで日本中のガラス工芸の技術が高まったことも事実です。

そして現代においても、ガラス工芸の世界では技術をシェアしあう関係性は続いています。各地で定期的に勉強会が開かれますし、もちろん、私も尋ねられたら惜しみなく伝えています」

「当たり前ですが、教わった技術でまるっきり同じものを作るのではなく、その技術を生かした独自のものを各々の職人や作家が作り出します。もし、そのままをコピーしてしまうような人がいたら、せっかくの信頼関係を失いますよね。 (笑)

各地に仲間がいて、お互い切磋琢磨できる環境が私は気に入っています。仲間が工房を立ち上げたり、窯を作るときなどは、手伝いに行ったりもするんですよ」

次世代に伝え、広げるガラス技術

仲間と切磋琢磨し、助け合う竹田さんと精神を同じくする瑠璃庵には日々様々な依頼が舞い込みます。

400年続く長崎のお祭り「長崎くんち」の山車の装飾に使われるガラスの修復や制作、「大浦天主堂」をはじめとした教会のステンドグラスの修復、JR九州の「或る列車」でつかうオリジナルの器、高級日本酒の酒瓶、さらにはトロフィーなど新しい分野のものまで。

長崎のお祭り、「長崎くんち」の山車の装飾にもガラスが用いられている。こちらは竜の目

長崎のお祭り、「長崎くんち」の山車の装飾にもガラスが用いられています。こちらは竜の目の部分のガラス 

美しい瑠璃色のトロフィー

瑠璃色のトロフィー。大理石の台の上に立てるガラス部分を瑠璃庵で制作

長崎のガラス工芸を伝える相手はプロだけに留まりません。

瑠璃庵では、吹きガラス、万華鏡、ステンドグラスなど、手づくりガラスの体験学習を行なっています。長崎の地でガラスの魅力を伝えたいという思いから生まれた企画。工房を立ち上げてから、30年以上変わらず続けていて、多くの学生や観光客が訪れています。

一度は廃れてしまった長崎のガラス工芸。こうして現代に復活し、次の世代へと紡がれています。




<取材協力>
瑠璃庵
長崎県長崎市松が枝町5-11
095-827-0737

文・写真 : 小俣荘子
写真:山頭範之

  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る