さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

柳宗悦も愛した、朝から行列のできる喫茶店「珈琲まるも」 長野・松本民芸家具に出会える喫茶店

投稿日: 2018年11月20日
産地: 松本
タグ:
編集:
  • LINE

旅の途中でちょっと一息つきたい時、みなさんはどこに行きますか?私が選ぶのは、どんな地方にも必ずある老舗の喫茶店。

旅の途中で訪れた、思わず愛おしくなってしまう純喫茶を紹介する「愛しの純喫茶」。今回は先日紹介した松本の名宿「まるも旅館」併設の「珈琲まるも」を訪ねます。

まるも旅館を紹介した記事はこちら:「家具好き必見。住みたくなる『まるも旅館』で130年前の日本を体感」

「いつもありがとうございます」が似合う店、喫茶まるも

日曜の朝8時。

珈琲まるも

一番乗り、のつもりで到着したお店の前には、すでに行列ができていました。

珈琲まるも

「珈琲まるも」は、併設の「まるも旅館」の一部を改装して昭和期に創業した喫茶店です。

まるも旅館の松本民芸家具

宿の休憩スペース。ソファの後ろが壁一枚挟んで喫茶店になっています

お店の魅力はなんといっても、テーブルも椅子もあらゆる調度品がオール「松本民芸家具」であること。

珈琲まるも

もともと松本は、古くから和家具の一大産地でした。職人たちの高度な技術を駆使して生まれた和風洋家具が、松本民芸家具です。

その創立者とされる池田三四郎氏が設計を手掛けたのが、この「珈琲まるも」。オープン時には「民芸運動の父」柳宗悦も駆けつけ、お店の空間美を称えたそうです。

照明などしつらえのひとつひとつにも、設計当時の心意気を感じます

照明などしつらえのひとつひとつにも、設計当時の心意気を感じます

「ウィンザーチェアをはじめとする使い込まれた家具の美しさが見どころです」と語るのは、4代目オーナーの三浦さん。

喫茶に使われている松本民芸家具

淹れたてのコーヒーの香りとクラシック音楽に包まれながら深々と椅子に腰掛けると、まるでタイムスリップしたような気分に浸れます。

ゆっくりとコーヒーの到着を待ちます

ゆっくりとコーヒーの到着を待ちます

おすすめはコーヒーと、はちみつクルミトーストのセット。

トーストはサクサク、くるみのコリコリとした歯ごたえとトロリとしたはちみつが口の中でからみ合います。サラダ付きで食べ応えも十分

サラダ付きで食べ応えも十分

サクサクのトーストにコリコリと歯ごたえの良いクルミ、とろりと甘いはちみつが口の中でからみ合って、ほろ苦いコーヒーともう抜群の組み合わせです。クルミの生産量No.1の長野らしいメニューとも言えます。

口福に浸っていると、さすが人気店とあって、開店から30分も経たずあっという間に満席に。

珈琲まるも

けれど不思議とガヤガヤしていません。バシャバシャと写真撮影に熱中する人もなければ (私以外‥‥) 、大きな声で話す人もなし。

大人がゆっくり憩いにきている。初めて来る人も、そんな空気に触れたくてきている。そんな印象を受けました。

「いつもありがとうございます」

お店にいる間、よく耳にしたこの挨拶が、街の人に愛されている何よりの証。

入口の木製ドアは、長年の繁盛を示すように手が触れるところだけ色が変わっていました。

入り口の木製ドア

年数を重ねるほどにやわらかく優しい風合いになっていくのが、松本民芸家具の何よりの魅力と三浦さんは語ります。

この時間が止まったような居心地の良さは、きっと家具自体がゆっくりと時を重ねているからなのだろうと、何度も椅子の手触りを確かめました。

<取材協力>
珈琲まるも
長野県松本市中央3-3-10
0263-32-0115
営業時間:8:00~18:00 (詳細はお店にお確かめください)

文・写真:尾島可奈子
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る