さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

旅先で編集部が出会った魅力的な「ご当地麺」たち

投稿日: 2019年3月23日
産地: まとめ
  • LINE

手軽にささっと食べられて、満足度も高い麺類。種類も豊富で飽きがこないので、紛れもなく私も麺好きの一人。 旅先で美味しいご当地麺が食べたい方に贈る、今回のまとめ読みです。

————————————————

火焔坦々麺

新潟の縄文土器タンタン麺が熱い 店主「凄いものができた」

新潟県十日町市「手打ちラーメン 万太郎」で聞く、火焔タンタンメン誕生秘話

新潟県十日町市の名物

→記事を見る

産地:越後妻有

■□■

へぎそば

へぎそばの「へぎ」って何?その由来は着物文化にあった

へぎそばの生みの親、十日町市「小嶋屋総本店」で聞く誕生秘話

新潟発の逸品「へぎそば」。フノリという海藻をつなぎに使うのが特徴ですが、その名の由来や背景をご存知ですか?「へぎそば」の生みの親、十日町市の小嶋屋総本店でお話を伺いました。

→記事を見る

産地:越後妻有

■□■

燕背脂ラーメンの元祖、金属工場の町で育まれた杭州飯店の中華そば

燕三条の工場飯

雪のように降り積もる真っ白な背脂、塩分強めのしょっぱいスープにもっちもちの太い麺。燕三条の工場飯として、戦前からの歴史を持つ燕背脂ラーメンの元祖、杭州飯店のラーメンをご紹介します。県外のファンも多く、お昼時は行列が絶えない人気店です。

→記事を見る

産地:燕三条

■□■

坂利製麺所

「人を呼ぶ」雪山生まれのそうめん。奈良・坂利製麺所が冬にしか麺をつくらない理由

ヘルシーな麺としても人気のそうめん。暖かい季節のイメージとは裏腹に寒さ厳しい冬こそが製造のハイシーズンです。今日はそうめん発祥の地・奈良からお届けする逸品のストーリー。

→記事を見る

産地:吉野・十津川

■□■

21時に開店するちゃんぽんの名店。武雄のお酒の〆は「開泉食堂」で

お酒の〆は、ラーメンか?いえいえ。武雄ではぜひ「ちゃんぽん」で。地元の人に教えてもらった、夜しか開かない隠れた名店。最後の一滴まで飲み干したくなるほどの、極上の一品です。

→記事を見る

産地:肥前

◎おまけ◎

井手ちゃんぽん

読めばさらに美味しくなる。長崎発祥のちゃんぽん、根底にあるのは愛だった。

ヌードルライターが語る、ちゃんぽんの話

ちゃんぽんと言えば、長崎?いえいえ実は、ちゃんぽんは長崎だけのものではない。全国には「ご当地ちゃんぽん」がいくつも点在するのをご存知でしょうか。

→記事を見る

産地:長崎

————————————————

気になった記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

それでは、次回もお楽しみに。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る