さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

料理の所作が変わる、気の利く暮らしの道具たち

投稿日: 2019年2月24日
産地: まとめ
  • LINE

料理との付き合い方は人それぞれ。楽しみですることもあれば、家族のために頭を悩ます方もいるでしょう。

どんなシーンであれ、もっと美味しく仕上がったり、もっと料理中の所作が楽しくなったりしたら、いいことだと思うのです。

そこで今回は、おいしい料理をつくるための、暮らしの道具を集めてみました。

————————————————

蒸し野菜に最適な、電子レンジでも使える「わっぱセイロ」

 

デトックス効果もある温かい野菜料理。蒸し野菜を作るのに最適な「わっぱセイロ」があります。「足立茂久商店」のセイロは、一つひとつが手作りです。

→記事を見る

産地:新潟

■□■

トーストが美味しく焼けるという不思議な金網の秘密

 

京都の「金網つじ」。エッセイストの平松洋子さんの著書、「おいしい日常」の表紙も飾りました。

→記事を見る

産地:京都

■□■

使ってみました。飛騨が生んだ調理道具、有道杓子

 

飛騨高山の「奥井木工舎」がつくる杓子。この凹凸が具材との当たりを和らげ、身を崩さずにしっかりキャッチする役目を果たすそう。

→記事を見る

産地:飛騨高山

■□■

伊賀焼や萬古焼の特徴から知る、わざわざ土鍋で作りたい料理

 

「鍋」料理の印象が強い土鍋。実は暑い日であっても、土鍋は大活躍することをご存知でしょうか。

→記事を見る

■□■

炊事、洗濯、掃除、工芸。「MESHザル」

 

どこの家庭にも一つはあると思われるのが、ザル。どこにでもある道具だからこそ、小さな違いが使い勝手に関わります。

→記事を見る

産地:京都

■□■

————————————————

気になった記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

それでは、次回もお楽しみに。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る