さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

祝いの席に似合う。しゃんとしたお正月料理の道具たち

  • LINE

年賀状にお飾りにお年玉‥‥なにかと準備が必要なお正月。なかでもお節をはじめとした料理は準備をしっかりして、見た目にもこだわりたいですよね。

今回は、そんな時に活躍する道具たちをご紹介。お正月料理のヒントにしてみてください。

————————————————

有田焼ヤマト陶磁器 水引 一珍 タンブラー 結婚祝い

結婚のお祝いに、実用的で縁起もいい、水引タンブラーはいかが?

有田焼 ヤマト陶磁器の “結び” フリーカップ

華美な美術品といったイメージも強い有田焼を、よりカジュアルに取り入れられるのがこちら。一つひとつ職人の手によって描かれた水引がお祝いの席にぴったりです。

産地:肥前

■□■

東道盆

琉球王朝の最高傑作を、現代のマンション住まいに。21世紀に蘇った幻の「東道盆」プロジェクト

琉球王朝時代、中国の大使をもてなすために使われていた蓋つきの器「東道盆」。それを単なる復刻ではなく、現代の暮らしで使える形で蘇らせた人がいます。

産地:沖縄

■□■

室町時代から愛でられてきた小さな器、おてしょ皿

“おてしょ”とは直径11センチ以内の小皿のこと。室町時代に貴族の器として使われたことが始まりだそうで、その頃からすでに蒐集家がいたとか‥‥!思わず集めたくなるおてしょ皿たちをご紹介します。

産地:肥前

■□■

中川政七商店の箸

いただきますの道具 政七「箸」考

作ったサンプルは200本以上。大量のお箸と向き合いながら、お箸について考え抜いたデザイナーが、お箸の選び方について教えてくれました。

産地:福井

■□■

包丁の研ぎ方ワークショップ

職人に教わる包丁の手入れ。トマトで見分ける「研ぎ頃」

覚えておきたい包丁の基本知識と砥石の使い方

庖丁工房タダフサ代表の曽根さんによる包丁砥ぎのワークショップにお邪魔して、包丁の手入れについて教わりました。

産地:燕三条

■□■

板前さん御用達、ツボエの「銅製おろし金」

大根おろしに代表される「おろす」という調理法が日本料理独特のもの、ということを皆さんはご存知でしょうか?私はこの記事を読むまでは知りませんでした‥‥!(お土産企画は終了しています)

産地:燕三条

————————————————

気になった記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

それでは、次回もお楽しみに。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る