さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

目利きが注目する、益子の作家たち 仁平古家具店・pejiteのオーナー 仁平 透さんに聞く、益子焼のこと

投稿日: 2018年5月4日
産地:
編集:
  • LINE

今年も陶器市で盛り上がる益子。全国から60万ほどの人が訪れるそうです。

陶器市に行くと、朝淹れるコーヒー用のカップが欲しいなあとか、蕎麦にはまってるから蕎麦猪口も欲しいなあとか、どんなものを仲間にしようか、ひとつに決めるのが悩ましいことも。

それもそのはず。益子には、約250の窯元と、400人前後の陶芸家がいるというのです。益子で生まれ育った作り手でなくても、活躍できる柔軟な風土があり、作り手が全国から集まってくるのだそう。益子で民芸運動を先導した濱田庄司も、生まれは東京でした。



たくさんの作り手が生み出す魅力の中から、運命を感じる一点を選びたい! けれども、やはり悩ましい。

そこで、独自の目利きにファンが多い、仁平古家具店のオーナー・ 仁平透さんに、注目の作家さんや選ぶときのポイントをうかがいました。

益子の仁平古家具店の店主・仁平透

仁平古家具店(にへいふるかぐてん)のオーナー・仁平 透(にへい とおる)さん

001 阿久津忠男さん

益子焼 阿久津忠男さんの食器

1950年、栃木県高根沢町生まれ。青山学院大学卒業後、広崎裕哉さんに師事してものづくりの道へ。益子で1975年に独立・築窯してから、「東京セントラル絵画館」や「日本橋高島屋」など様々な場所で展示や出品がされてきました。

益子焼 阿久津忠男 瑠璃釉コーヒーカップ
益子焼 阿久津忠男の作品

益子焼独特の重厚感があるカップや鉢は、手びねりで成形されガス窯で仕上がります。釉は陶器に吸い込まれてしまうような深い瑠璃色をしています。

益子焼 阿久津忠男 瑠璃釉

「なんと言ってもこの瑠璃釉が特徴です。深みがあって奥行きがありますよね。お店を開く前から阿久津さんが好きで、店のオープン時からずっと取り扱ってます。果物を載せたくなるような料理映えするお皿かなと思います」



002 内田裕太さん

益子焼・内田裕太さん 黒錆のうつわ

1990年栃木県生まれ。2011年に京都伝統工芸大学を卒業し、2年後に益子で制作開始。翌年、真岡市にて独立。

益子焼・内田裕太さんの黒錆のうつわ
益子焼・内田裕太さんの黒錆のうつわ

シックで金属のように発色する「黒錆のうつわ」と自然をイメージした優しげな「色のうつわ」を作っており、ガス窯での焼成を経て一つひとつ違う表情の器が出来上がります。「日々の楽しみになるような器づくりを」という想いが滲みでている作品が印象的です。

内田裕太さん 黒錆のうつわ

「フォルムがきれいですよね。黒錆のシリーズが人気です。使っていく事で黒さが増して、より渋い色になっていきます。外側がマンガン釉で、内側がマット釉ですね。陶器市で目を惹かれ、声を掛けたのが出会いでした」



003 宮田竜司さん

益子・宮田竜司さんの器

1976年東京生まれ。陶芸好きだったお父様の影響を受けて焼き物の世界へ。1999年から高内秀剛さんの元で制作をはじめ、2006年に益子で独立し築窯。高島屋や伊勢丹、三越などの百貨店で個展を行っています。

宮田竜司の器
宮田竜司の器

花が開いたような形が特徴的な器で、「型打ち成形」によって作られています。多角形の器を作る時に使われる成形手法で、ろくろで大まかな器の形状に成形をしてから、石膏で作った型にはめて型打ちをするもの。益子伝統の黒飴釉、灰釉、寺山釉を使っており、凛とした美しさがあります。

宮田竜司の器

「私と同じ、日本の古い陶器が好きな方です。作品を見るだけで、ものづくりが好きなのが伝わってきます。小料理や菓子受けに使うと器が映えていいですね。」



004 久保田由貴さん

益子・久保田由貴の器

神奈川県横浜市生まれ。2014年から鈴木稔さん、2016年から額賀章夫さんに師事をしたのち、2017年に益子で独立。その年の秋に初めての個展が開催されました。

益子・久保田由貴の器
益子・久保田由貴の器

ろくろ成形で、ガス窯で焼成しています。釉薬の流れが作る大胆なデザインは、毎回その時勝負で釉薬を垂らすため、一つひとつ味が異なります。

益子・久保田由貴の器

「もちろん使うものなのですが、ダイナミックな釉には抽象画を見るような楽しさを感じます。デビューして間もないのに、「銀座松屋」の手仕事直売所に呼ばれ、400点の作品をほぼ完売させてしまう人気の作家さんです」





仁平古家具店/pejiteの店主 仁平透

器の選び方

「どうしてだか、しっくり来る。心惹かれる」
器がどれも魅力的で選びがたいと仁平さんに相談したら、難しいことよりも、そんな感覚だけで自分の運命の一点が見つかるはずと教えてくださいました。


良いものを買わないと、なんて気負わずに「なんだか好きだなあ」と思ったものを手に取ってみる。

じっくり見て、それでも連れて帰りたくなったものはきっと、使う時にどこか胸が高鳴るような感覚が湧き上がってくるかもしれません。





< 取材協力 >
仁平古家具店/pejite
オーナー 仁平 透さん


pejite
所在地:栃木県芳賀郡益子町益子973-6
TEL:0285-81-5494
URL : http://www.pejite-mashiko.com
定休日:木曜日

仁平古家具店 益子店
所在地:栃木県益子町益子3435
TEL:0285-70-6007
URL : http://www.nihei-furukagu.com
営業時間/11:00〜18:00
定休日/木曜日

仁平古家具店 真岡店
栃木県真岡市荒町1095
TEL:0285-70-6007
URL : http://www.nihei-furukagu.com
営業時間/13:00〜18:00
定休日/木曜日





文:田中佑実
写真:今井駿介
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る