さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
綱神社

益子の見どころは「屋根」にもあり。中世建築でめぐる4つの文化財

投稿日: 2017年11月25日
産地:
タグ:
編集:
  • LINE

こんにちは。ライターの竹島千遥です。

焼き物の里として知られる、栃木県の益子町。実は、中世建築 (鎌倉時代~室町時代の建築物) がたくさん残る街でもあります。

国指定重要文化財の中世建築の数は、なんと東日本で益子町がトップ!

前半の記事ではその7つの中世建築のうち、3つが現存する西明寺を訪れました。

前半の記事:「益子は『たてもの』も面白い。閻魔大王が笑う、西明寺へ」
西明寺には、国指定重要文化財の中世建築が3つ。その中のひとつ、楼門

西明寺には、国指定重要文化財の中世建築が3つ。その中のひとつ、楼門

後半では、西明寺を後にし、残り4つの中世建築を一気に巡ります!

均整のとれた姿が美しい、円通寺 表門

住宅地の中に突如現れたのは、円通寺の表門。

均整のとれた姿形と年月の重みとが相まって、重厚感を感じます

均整のとれた姿形と年月の重みとが相まって、重厚感を感じます

前半の記事で、中世建築には3つの代表的な様式があると書きました。「和様 (わよう) 」「大仏様 (だいぶつよう) 」そして「禅宗様」です。

ここ円通寺の表門は、室町時代の1402年建立と伝えられる、禅宗様の建築物です。

厚みのある銅板葺きの屋根。以前は茅葺だったそう。大きく反り返った屋根は禅宗様の特徴です

厚みのある銅板葺きの屋根。以前は茅葺だったそう。大きく反り返った屋根は禅宗様の特徴です

軒下の木の装飾が印象的

軒下の木の装飾が印象的

曲線美の茅葺屋根。綱神社 本殿、摂社大倉神社本殿

続いて、綱神社 (つなじんじゃ) へ。

聞こえるのは、時々どんぐりが落ちる「ぽとり」という音だけ。とても静かな場所です。

綱神社の鳥居。ここからは少し山道を歩きます

綱神社の鳥居。ここから先は少し山道を歩きます

鳥居をくぐって山道を歩いていくと、木々に囲まれた空間に2つの建築物が並んで建っていました。いずれも室町時代のものと推定されています。

大きい方の建物が、綱神社本殿です。

綱神社本殿。周囲は少し霧がかかり、神聖な空気に満ちています

綱神社本殿。周囲は少し霧がかかり、神聖な空気に満ちています

美しい曲線を描く、茅葺の屋根

美しい曲線を描く、茅葺の屋根

綱神社本殿の隣には、摂社の大倉神社本殿が建っています。

綱神社摂社の大倉神社本殿。小ぶりですが堂々とした風格を感じます

綱神社摂社の大倉神社本殿。小ぶりですが堂々とした風格を感じます

3様式の折衷が見られる、地蔵院 本堂

そして、綱神社のすぐ近くには、地蔵院本堂があります。

こちらも綱神社とほぼ同年代に建てられたと推定され、室町時代の建築の特徴をよく表した建物。和様を中心として、禅宗様・大仏様を取り入れた折衷様となっています。

もともとは阿弥陀堂として建造されたものが、現在は本堂として残っているそうです

もともとは阿弥陀堂として建造されたものが、現在は本堂として残っているそうです

大きな建物ですが、細かい装飾もなされています

大きな建物ですが、細かい装飾もなされています。屋根の裏側の垂木 (たるき) は平行で、和様の特徴を表しています

今回は、益子にある7つの国指定重要文化財の建築物を巡りました。

同じ栃木県内にある日光の社寺のような派手さはないものの、中世建築の特徴である、大きくカーブした屋根や建築物を支える木の部材には、思わず息を飲んでしまう美しさがありました。

ご紹介した寺社は、それぞれが離れた場所にあります。全てを巡るには車が必須ですが、一見の価値ありです!

益子に訪れる際には、ぜひ建築物にも注目してみてくださいね。

<取材協力>
円通寺
栃木県芳賀郡益子町大沢1770
0285-72-2724

地蔵院
栃木県芳賀郡益子町上大羽945-1
0285-72-0813

綱神社
栃木県芳賀郡益子町上大羽2350

文・写真:竹島千遥

タグ:
編集:
  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る