さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
西明寺の笑い閻魔

西明寺

閻魔大王が笑う、益子の古刹

産地:
タグ:
  • LINE

益子町を見下ろす高館山、その中腹に位置する西明寺は、737年に行基によってひらかれた古刹だ。本尊は十一面観音菩薩で、坂東巡礼第20番・下野第13番の札所でもある。境内には国の重要文化財に指定された室町時代の建築物が3つあり、中世建築の重厚さを間近で見ることができる。本堂内には鎌倉時代の仏像が一堂に安置され、いずれも県の重要文化財に指定されている。また、世にも珍しい「笑い閻魔」も見ものだ。天然記念物のコウヤマキやシイの巨木も生育するなど、豊かな緑に囲まれた西明寺。ハイキングがてら、歴史と風情を感じたい。

室町時代に建立された楼門 (国指定重要文化財)

室町時代に建立された楼門 (国指定重要文化財)

層によって建築様式が異なる三重塔(国指定重要文化財)

層によって建築様式が異なる三重塔(国指定重要文化財)

本堂。12年に一度、午の年には秘仏の本尊が公開される

本堂。12年に一度、午の年には秘仏の本尊が公開される

本堂内の厨子(国指定重要文化財)。中に本尊が安置されており、周りを鎌倉時代の仏像群が取り囲む

本堂内の厨子(国指定重要文化財)。中に本尊が安置されており、周りを鎌倉時代の仏像群が取り囲む

「ハハハ」と真言を唱えて笑う「笑い閻魔」

「ハハハ」と真言を唱えて笑う「笑い閻魔」

参道の両脇には天然記念物のシイの林が広がる

参道の両脇には天然記念物のシイの林が広がる

西明寺

所在地:栃木県芳賀郡益子町益子4469
TEL:0285-72-2957
URL : http://fumon.jp/
拝観時間:4月~10月…8時~17時
     11月~3月…8時~16時30分
休館日:なし
拝観料:無料 (本堂内は300円)
駐車場:あり
(2017年11月現在)
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る