さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

みよしや シンボルロード店

餃子だけじゃない宇都宮の名物かぶと揚げ

産地:
タグ:
  • LINE

鶏の半身を丸ごと揚げた、宇都宮名物「かぶと揚げ」。2つ並べると「兜」のような形になることからその名がついたという。
1963年、焼き鳥屋として創業した「みよしや」の主人が、食べ応えのあるものを食べさせたいと考案。大きな唐揚げは評判となり、創業当初から現在まで変わらぬ味で地元、宮っこのお腹と心を満たしてきた。
店専用の養鶏場でお米を食べさせて育てた、生後35〜40日の若鶏を使用。モモ以外の半身に塩と胡椒のみで味付けし、片栗粉・酒・卵・醤油を入れた特製衣にさっとくぐらせ、中華鍋へ。まんべんなく火が入るよう、職人がひとつひとつ丁寧に揚げていく。
衣はカリカリと香ばしく、肉はジューシー。手羽、ささみ、ムネ、軟骨など、部位ごとに違った味と食感を堪能できる。シンプルだからこそ味わい深い一品だ。
地元の人々に愛されてきた、みよしやの「かぶと揚げ」。クリスマスシーズンには行列ができる。持ち帰りもできるが、ぜひ揚げたてを食べて欲しい。


肉に特製衣をつける

タレなどに漬け込まず、塩胡椒をふって衣にくぐらせるだけ。衣も創業時から変わらぬレシピ

かぶと揚げを揚げているところ

箸で肉を広げながら中まで火を通していく。満足いくように揚げられるまで半年はかかるという

揚げたてのかぶと揚げ

揚げたてのかぶと揚げ。これを二つ並べると兜のような形になる。

鳥ささみの半生唐揚げ

鳥ささみの半生唐揚げも女性をはじめ人気のメニュー(シンボルロード店限定)

みよしやの店内

女性客も入りやすい居心地のいい店内

みよしや シンボルロード店

所在地:宇都宮市池上町2-11 1F
TEL:028-612-5889
URL : http://www.miyoshiya.jp/
本店: 宇都宮市上戸祭町519 tel 028-622-8302
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る