さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

赤羽まんぢう本舗

濱田庄司も愛した「おまんぢう」

産地:
タグ:
  • LINE

1924年 (大正13年) 創業の和菓子屋。創業時から全ての和菓子を一つひとつ手づくりしているという。店名にも掲げている「赤羽まんぢう」は、「茶まんぢう」「ゆずまんぢう」「きんとんまんぢう」の3種。

中でも「茶まんぢう」は、益子を代表する陶芸家・濱田庄司のお気に入りの一つで、来客用も含めて日に100個の注文が入ることも多々あったそう。黒糖の薄皮とほどよい甘みの餡は、どこかほっとする素朴な味だ。「父からは、濱田先生は沖縄で作陶していたこともあるので、沖縄産の黒糖が口に合ったのかもしれないと聞いています」と4代目主人の赤羽岳治 (あかばね・たけはる) さん。濱田専用の岡持ちもあり、先代が砂利道の中を1日に3回も配達したこともあったと振り返る。
看板商品の「赤羽まんぢう」と並んで人気なのが、地元産のイチゴ「とちおとめ」に白餡を合わせた「いちご大福」 (12月~5月中旬) 。そのほかにも、自家栽培のサツマイモを使った芋ようかん (9月下旬~5月上旬) や草餅 (2月~5月) など、季節に合わせた和菓子が揃う。店内では好きな和菓子と緑茶のセットを味わえるので、窯元めぐりの合間にぜひ立ち寄りたい。

赤羽まんぢう

左から、ゆずまんぢう、茶まんぢう、きんとんまんぢう。いずれも1個95円 (税込)

赤羽まんぢう本舗

築40年以上の風情ある店内

赤羽まんぢう本舗の茶まんぢう

店内で味わえる和菓子と緑茶のセットは300円(税込)

濱田窯のまんじゅう皿

運がよければ、濱田庄司が築いた濱田窯の器で和菓子をいただけることも

赤羽まんぢう本舗

所在地:栃木県芳賀郡益子町益子2910-2
TEL:0285-72-3153
■営業時間:8:00~18:30
■定休日:月曜日
■駐車場:あり
2017年11月現在
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る